検索語

状態監視

複雑な機械およびプラントは、状態ベースのメンテナンスによってのみ、不具合なく最適に稼動させることができます。これに関する推奨方法として、シェフラーでは振動診断を使用します。

サービス
状態監視メンテナンスサービス

振動診断により、非常に早い段階で機械の損傷を検知することが可能になります。こうすると、たとえば計画されたダウンタイムの一環として、損傷したコンポーネントを交換できるようになります。予定外のダウンタイムは回避されます。機械のタイプや生産工程にとっての重要性に応じて、継続的(オンライン)監視または定期的(オフライン)監視によって状態監視を実施することができます。

その他のサービス内容

連続監視

生産にとって重要な機械では、多くの場合、振動診断による連続監視が不可欠となります。こうした監視システムへの投資は、故障費用の削減により、ほんの数か月で元が取れる場合も少なくありません。適用分野に応じて、シェフラーでは幅広いソリューションを用意しております。たとえば、小型機器用のシングルチャンネルのスタンドアロンソリューションや、最大8チャンネル(モジュール設計により拡張可能)の中型システム、あるいは最大2,048個のセンサーチャンネルを備えた複雑な監視システムなどです。

適正なシステムの選択に関するアドバイスに加え、シェフラーでは機械の監視も実現します。これには、ハードウェアの選択だけでなく、システム構成や、必要に応じて既存のシステムへの統合も含まれます。

システムを独立して監視するのか、シェフラーのオンラインシステム監視サービスの利点を採用するのかを決めるのは、お客様です。監視システムの通信オプションにより、シェフラーのエキスパートは遠隔分析を実施することができます。

シェフラーの状態監視:連続監視
シェフラーの状態監視:定期監視

定期監視

いわゆる「B」または「C」カテゴリーのプラントアイテムの故障は、直接ダウンタイムにつながるわけではなく、必ずしも費用のかかる二次的損害を招くわけではありません。こうした機械部品については、経済的な方法として、一般にオフライン監視が推奨されます。シェフラーのエキスパートは、費用対効果に優れた連続監視と定期監視のどちらが経済的に適切なソリューションなのかを特定するお手伝いをします。

このタイプの監視では、定期的に(たとえば4週間ごとに)振動分析によって機械を検査し、評価します。この定期性により、機械の正常な状態に関して、いっそう深い知識を得ることができます。こうすることで、ばらつきを検知できるからです。監視コンセプトという点では、測定ポイントと監視アクセサリの選択、および測定間隔が重要になります。測定中に逸脱が発生した場合、または傾向を調査する必要がある場合は、関連データをシェフラー診断センターに送ることができます。ついで、振動エキスパートがデータを分析し、診断報告書を作成します。シェフラーのエキスパートとの共同作業を通じて、お客様は分析に関して独自のノウハウを養うことができます。

データ解析の担当者がいない場合は、データ解析に関してもシェフラーがサポートします。シェフラーのエキスパートが現場で定期測定を実施します。

トラブルシューティング

機械に不具合が生じたら、速やかに故障を検知し、修正する必要があります。各種部門や適用分野での長年にわたる経験に基づき、シェフラーの診断エキスパートは、こうしたトラブルシューティング作業に習熟しています。

分析では、多様なタイプの情報が組み込まれます。たとえば早期の測定記録や、修理報告書などです。測定記録が得られない場合は、診断エキスパートが観察、機械の記録の調査、機械オペレーターとの話し合いを通じて、特定の作業に当たります。

機械の稼動の問題や不具合は、しばしば振動挙動の変化、通常とは異なる温度パターン、その他の類似の現象を通じて明らかになります。診断エキスパート自身が機械で測定するときは、特定の機械や不具合のタイプを踏まえて、測定方法を選択します。シェフラーの診断エキスパートは、振動測定から、トルク分析、内視鏡検査まで、すべての分析技法に習熟しています。その結果、迅速に不具合を特定し、適切なソリューションを考案することができます。調査の最後に、診断エキスパートと現場の全関係者との間で、引き継ぎの話し合いを実施します。調査結果だけでなく、特に推奨される対策について話し合います。

シェフラーの状態監視:トラブルシューティング
シェフラーの状態監視:バランス調整

バランス調整

ファンやベンチレーターでは、頻繁にアンバランスが発生します。アンバランスが大きくなると、機械が恒久的に損傷したり、完全に壊れる可能性もあります。そこで、定期的にアンバランスを点検し、必要に応じて修正する必要があります。当社のサービス従業員は、システムの最適な可用性を確保するために、アンバランスの特定と修正のお手伝いをします。

内視鏡検査

機械内部を検査して損傷範囲を特定するには、デジタルの光学内視鏡を使用することができます。画像はデジタル写真やビデオに保存することができ、これに基づいてシェフラーのエキスパートが診断を実施します。ころがり軸受やギヤ歯などの個別コンポーネントの状態を評価することができます。検査する軸受がシェフラー製品である場合は、お客様はシェフラーのアプリケーションエンジニアからの知識も得ることができます。こうしたエキスパートは、詳細な損傷分析を実施し、改善のための提案をします。

シェフラーの状態監視:内視鏡検査
ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意