検索語

シェフラーがLOHC技術により水素の簡単で安全なコスト効果の高い使用を実現

Pressrelease Stage Image
ハイドロジーニアス社においてパートナーシップを締結するシェフラーAGのCTO(最高技術責任者)であるウーヴェ・ヴァーグナー(中央)、ハイドロジーニアス社の創設者でCEOを務めるダニエル・タイヒマン博士(左)、エアランゲン - ニュールンベルグにあるヘルムホルツ 再生エネルギー研究所の所長であるペーター・ヴァッサーシャイド博士(右)(写真は地域で適用される新型コロナウイルス規制に従って撮影)。

2022年01月28日 | Yokohama

  • ハイドロジーニアス LOHC テクノロジーズ社およびエアランゲン - ニュールンベルグにあるヘルムホルツ 再生エネルギー研究所と水素技術分野での協力合意を締結
  • このパートナーシップにより、液体有機水素キャリア(LOHC)を使用した燃料電池の開発が可能に
  • LOHCで、燃料電池の簡単で安全な、コスト効果の高い持続可能な運転を実現

ヘルツォーゲンアウラッハ/エアランゲン | 2022年1月28日 | 自動車および産業機械のサプライヤーであるシェフラーは本日、水素戦略の新たなマイルストーンを達成しました。シェフラーは、ハイドロジーニアス LOHC テクノロジーズ社およびエアランゲン - ニュールンベルグのヘルムホルツ研究所 (HIERN)と協力合意を締結しました。液体有機水素キャリア(LOHC)を使用した水素燃料電池の開発が共通の目標です。シェフラーAGのCTO(最高技術責任者)であるウーヴェ・ヴァーグナーは「水素技術は、エネルギー供給を含め、CO2ニュートラルで持続可能なモビリティにおいて決定的な役割を果たすものであり、シェフラーにとって戦略的に重要なものです。このパートナーシップを通じて、LOHC技術を燃料電池に利用する開発に大きく貢献します。シェフラーは、産業化の専門知識と、材料工学、材料成形、表面技術の分野における長年の経験と知識をこの協力プロジェクトに活用します」と述べています。ハイドロジーニアス社の創設者でCEOを務めるダニエル・タイヒマン博士は「燃料電池にLOHCを直接使用することで、水素ガスの取り扱いが不要になり、便利で安全な方法で、移動型エネルギーと定置型エネルギーのユーザーに水素を供給できるようになります。この技術の産業化に向けてシェフラーの豊富な専門知識が活用されることをうれしく思い、革新的に協力していくことを期待しています」と述べています。

LOHCによる安全性とコスト効果の向上
通常、水素は高圧ガスまたは超低温の液体の状態で特殊な容器に入れられて貯蔵、輸送されます。液体有機水素キャリア(LOHC)は、これに代わる貯蔵・輸送方法を提供します。ハイドロジーニアス社が開発した独自の方法では、ベンジルトルエンが使われています。ベンジルトルエンは油性有機物質で、水素を化学的に結合し、通常の環境条件で輸送できるようにします。従来の燃料電池の設計と異なり、LOHC燃料電池やそのサプライチェーンには水素分子は存在しません。液体キャリア材料は繰り返し使用できるため、長期に持続可能です。シェフラーAGのリサーチ・イノベーションおよびコーポレートテクノロジー部門の上級副社長であるティム・ホーゼンフェルト工学博士は「ベンジルトルエンをベースにしたLOHC技術は、その特性により、貯蔵、輸送から消費まで、安全でコスト効果の高い水素インフラの構築を可能にします。燃料電池でのLOHCの使用は、従来の水素技術の補完的技術になるでしょう」と述べています。このプロジェクトは、ハイドロジーニアス社とヘルムホルツ研究所 (HIERN)がLOHCの分野で行った広範な先駆的研究開発、およびそれに対応する専門知識と特許を基礎としています。 シェフラーは、ヘルムホルツ研究所(エアランゲン - ニュルンベルク)と共同で、LOHCに結合した水素を直接利用するための燃料電池技術の開発を進めています。この目的のためには、燃料電池の設計に適合する必要があります。シェフラーはバイポーラプレートを製造しており、過去に開発した燃料電池技術との相乗効果や専門知識を活用しています。この技術に必要な触媒とメンブレンは、エアランゲン - ニュルンベルクのヘルムホルツ研究所でこの用途向けに特別に開発されています。

発行者: Schaeffler Japan Co., Ltd.
国: 日本

関連メディア

シェフラーのプレス画像の使用について

シェフラーのプレス画像は編集目的でのみ使用することができます。特に明記されていない限り、すべての著作権と使用および利用の権利は、ヘルツォーゲンアウラッハ (ドイツ)のSchaeffler Technologies AG & Co. KG、またはその関連会社が所有します。シェフラーのプレス画像の複製・公開は、出典が以下のように記載されている場合にのみ許可されます。「画像:シェフラー」この場合、写真は無料で使用することができます。広告やその他の商業目的での使用、特に商業目的での第三者への公開は禁止されています。また、画像の編集はシェフラーの承認を得た場合にのみ行えます。

シェフラーのプレス画像が印刷されたメディア(または電子メディアで公開されている場合はデジタルコピー)で公開される場合は、見本のコピーをお送りください。シェフラーのプレス写真を映画で使用する場合は、映画のタイトルを明記の上、お知らせください。

シェフラーのプレス画像の使用および利用は、抵触法の規定なしにドイツの実体法に準拠します。管轄裁判所はドイツのニュルンベルクとします。

ポータルアドレス:
Schaeffler Technologies AG & Co. KG
Corporate Communication
Industriestraße 1-3
91074 Herzogenaurach
Germany

presse@schaeffler.com

ダウンロード

パッケージ(プレスリリース + メディア)

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意