サービス
 
ステアリングギアは、特に電気自動車において不快な騒音を発生させることがあります。そこでシェフラーは、この問題を解決するソリューションを、自動調心軸受という形で提供します。自動調心軸受は特別に湾曲した「球面キャップ」(ボールソケット)を備え、旋回軸自体が傾くことで、ウォームシャフトの回転を補うことができます。

ステアリングギアは、特に電気自動車において不快な騒音を発生させることがあります。そこでシェフラーは、この問題を解決するソリューションを、自動調心軸受という形で提供します。自動調心軸受は特別に湾曲した「球面キャップ」(ボールソケット)を備え、旋回軸自体が傾くことで、ウォームシャフトの回転を補うことができます。

 
操縦中や駐車中のステアリングギアによる騒音は、特にわずらわしく思われます。このため、シェフラーは自動調心軸受を最適化し、摩擦トルクと騒音を低減しました。

操縦中や駐車中のステアリングギアによる騒音は、特にわずらわしく思われます。このため、シェフラーは自動調心軸受を最適化し、摩擦トルクと騒音を低減しました。

 
連絡先

広報部

岩瀬 富美子

シェフラージャパン株式会社

Schaeffler R&D Center Bldg.

Yokohama Business Park

134 Godo-cho, Hodogaya-ku,

Yokohama 240-0005, JAPAN

Tel.  +81  45 287-9840
Fax  +81  45 287-9012

pr-japan@schaeffler.com

2019-03-06 | Yokohama

シェフラー、電動モビリティに最適なステアリングギアを製造

新しい自動調心軸受により、静かな操縦が可能に


  • シェフラーの新しい電気自動車向け自動調心軸受:摩擦と騒音を低減
  • 位置決め側軸受により、ウォームシャフトギアユニット内の摩擦トルクを低減
  • シェフラーの大型車およびSUV向けボールねじドライブの提供

現在の自動車には、電気機械式アシストのステアリングシステムが燃料の節約と快適性を両立するのに役立つことから、必須となっています。多くのドライバーは、ステアリングシステムによって操縦や駐車をスムーズに行うことが出来ています。もしくは、すでに完全自動の駐車支援装置を利用しています。しかし、ステアリングギアは、特に電気自動車において不快な騒音を発生させることがあります。そこでシェフラーは、この問題を解決するソリューションを、自動調心軸受という形で提供します。

シェフラーの新しい電気自動車向け自動調心軸受:摩擦と騒音を低減

パワーステアリングのアシストは電気モーターによって行われますが、ステアリングコラム上のステアリングシャフトに直接伝えるか、またはラックに直接伝えることで、アシストします。また電気モーターによるアシスト力はウォームシャフトギアユニットを通して伝達されますが、このギアユニット付ステアリングシステムで使用する自動調心軸受には、さまざまな要件が同時に存在します。

まず、自動調心軸受は固定側軸受としてウォームシャフトを支持するため、アキシャル方向とラジアル方向で発生する荷重を支えなければなりません。次に、自動調心軸受はシステム内の騒音を打ち消す必要があります。これは、ウォームシャフトがはす歯を通して電気モーターのトルクをウォームギアに伝達し、その結果、ウォームシャフトが垂直方向に動いて、自動調心軸受を傾けるためです。従来の玉軸受の場合、この条件では走行騒音が大きくなり、摩擦トルクも増大するため、ギアユニットの性能に悪影響を及ぼす可能性があります。

このため、シェフラーは自動調心軸受を最適化し、特別に湾曲した「球面キャップ」(ボールソケット)を備えました。この設計によって、自動調心軸受自体が傾くことで、摩擦トルクや騒音を増大させることなく、ウォームシャフトの回転を補えるようになりました。さらにもう一つの利点として、ウォームシャフトとウォームギアの間に隙間が生じないように、ウォームシャフトにラジアル方向にプリロードをかけることができ、これにより、ステアリング方向が変わるたびにウォームシャフトの回転方向が変わって、相対する歯面が接触することで生じる、いわゆる「カチャカチャ音」を低減することができます。また、新しく設計した軸受の回転動作が、ハウジング内のミスアライメントを補正します。

電動モビリティに向けたソリューション

ドライバーは今や、車内が静かであることに慣れており、アシストステアリングが必要な操縦時や駐車時に発生する騒音に対して、わずらわしく思うことがあります。これはとりわけ、多くのステアリング動作が矢継ぎ早に実行される自動駐車や、エンジン音で他の騒音や振動をかき消すことのない電気自動車に当てはまります。今回の新しい自動調心軸受によってシェフラーは、幅広く電動モビリティを普及させるために電気駆動システムのような大型のものから、小型部品レベルまで様々なソリューションを提供出来ることを示しています。

*本リリースは、2019年2月22日にドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハで発表されたプレスリリースの抄訳です。

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意する