サービス
 
連絡先

広報部

岩瀬 富美子

シェフラージャパン株式会社

Schaeffler R&D Center Bldg.

Yokohama Business Park

134 Godo-cho, Hodogaya-ku,

Yokohama 240-0005, JAPAN

Tel.  +81  45 287-9840
Fax  +81  45 287-9012

pr-japan@schaeffler.com

2018-01-18 | Yokohama

シェフラー、2017年第4四半期は力強い成長を報告


  • 2017年の売上速報値を発表
  • 2017年の売上は5.9%増の140億ユーロ
  • 2017年通年における4~5%増の売上指針(為替変動の影響を除く)を超える
  • 為替変動の影響を除いて8.5%の成長を記録し、堅調な第4四半期となる
  • 1月1日にスタートした3部門と電動モビリティの新規ビジネスユニット

自動車および産業機械の分野における世界的なサプライヤーであるシェフラーは、本日2017年の売上速報値を発表しました。シェフラーは売上を約140億ユーロに増加させ(前年:約133億ユーロ)、為替変動の影響を除くと5.9%の成長となりました。第4四半期の売上は約35億ユーロに上り(前年:約34億ユーロ)、為替変動の影響を除くと8.5%の伸びとなりました。

これは、シェフラーが近年達成した四半期成長率の中で最高値にあたります。最終的に、シェフラーは2017年通年における4~5%の売上指針(為替変動の影響を除く)を大幅に超える売上を達成し、2017年を締めくくりました。

今回の好調な業績には、シェフラーの自動車部門と産業機械部門の両部門がともに貢献を果たしています。自動車部門が、売上を109億ユーロに増加させ(前年:約103億ユーロ)、為替変動の影響を除く成長率は5.9%を記録した一方で、産業機械部門の2017年は、売上を約31億ユーロに増加させました。為替相場の変動を除くと、これは5.6%の成長率となります。第4四半期では、産業機械部門の為替変動の影響を除いた成長率は約9%となり、自動車部門の為替変動の影響を除いた8.3%の成長率を上回っています。つまりこれらの値は、産業機械部門が長期的成長への道に回帰したことを示しています。

自動車部門は一年を通して、市場、つまり乗用車や小型商用車における世界の生産を上回る早さで成長しました。2017年、市場は約2.3%の成長を遂げましたが、シェフラーの同部門は3.6%と市場を超える業績を上げたのです。第4四半期の堅調な業績は7.2%ほどとなりました。

シェフラーグループの全地域が2017年の売上増加に寄与しました。中国地域は再び24.1%という最高の成長率(為替変動の影響を除く)を達成しました。

アジア太平洋地域は5.7%増、南北アメリカ地域の売上は4.6%増となった一方で、ヨーロッパ地域は1.4%拡大しました(すべて、為替変動の影響を除く)。

シェフラーAGの最高経営責任者(CEO)であるクラウス・ローゼンフェルドは、次のように述べています。「私たちは、2017年もまた成功に満ちた道を歩み続けました。下半期に見られたプラスの成長傾向は、特に元気づけられるものです。私たちは、通年における4~5%の売上指針を超える結果を出しました。2018年もまた、このプラスの売上傾向が継続するものと予想しています」

自動車部門の著しい成長は、自動車産業OEMビジネス(為替変動の影響を除いて6.6%増)およびオートモーティブアフターマーケットビジネス(為替変動の影響を除いて3.2%増)にけん引されました。2017年10月に公表した通り、オートモーティブアフターマーケットビジネスはシェフラーAGの自動車部門から離れ、2018年1月1日にミヒャエル・ゾーディング(55)が率いる独立した一つの部門として組織されました。さらに、同じく1月1日から電動モビリティの独立したビジネス部門も創設し、ハイブリッド車と純バッテリー電気自動車向けの製品とシステムソリューションをすべてまとめて取り扱います。

「新しい組織構造により、私たちは2018年もとどまることなくシェフラーグループの変革を促進し続けていきます。私たちは、お客様のニーズに対してより一層重点的に取り組んでいきたいと願っており、成長を加速し続けます」と、ローゼンフェルドは説明します。

2018年3月7日に、シェフラーAGはミュンヘンで開催する年次の財務プレスカンファレンスにてこの結果を発表する予定です。

将来の見込みに関する声明と計画

このプレスリリースの中の一部の記述は、将来の見込みに関する声明です。本来的に、将来の見込みに関する声明には多くのリスク、不確実性、仮定が含まれており、実際の結果や事象と、将来の見込みに関する声明に述べられあるいは含意された内容とが著しく異なることがあります。これらのリスク、不確実性、仮定は、ここで述べられた計画や事象の結果や財務面の結果に悪い形で影響を及ぼすことがあります。何人も、将来の見込みに関するいかなる声明について、新情報やその後の事象の結果のいかんにかかわらず、記述の公的な更新あるいは修正の義務を負いません。本プレスリリース発表時点での発言でしかない将来の見込みに関する声明に、過度の信頼を置いてはなりません。本プレスリリースに含まれる過去の動向や事象に関する記述を、そのような動向や事象が将来も継続することを表明すると見なしてはなりません。上記の注意書きは、シェフラーあるいは同社の代理人が文書ないし口頭で述べるあらゆる将来の見込みに関する声明にあてはまるものとして考慮されなければなりません。

*本リリースは、2018年1月15日にドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハで発表されたプレスリリースの抄訳です。

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意する