検索語

連続加熱炉のたわみロールの確実な状態監視

お客様にとっての利点

  • コスト削減の可能性:最大179,000ユーロ
  • 予期せぬシステムダウンタイムを回避
  • コスト高の生産ダウンタイムなし
部門:
鋼鉄および非鉄金属
用途:
加熱炉の偏向ロール
製品ソリューション:
オンライン状態監視システム
課題

課題

連続加熱炉LM1には7台のたわみロールが搭載され、スチールベルトの走行とその張力を支えます。フェザーキーのアンバランス、過度の隙間、破壊などの要因により、これらのロールは故障することがあります。軸受やハウジングが破損すると連続加熱炉が直ちに停止し、莫大な生産損失が発生する可能性があります。このような予定外の出来事を回避するために、ArcelorMittal社の保守部門は、改良保全から予知状態監視に切り替える最適なソリューションを探していました。

ソリューション

ソリューション

シェフラーは、連続加熱炉のすべての重要なコンポーネントの状態監視に関する革新的な保守コンセプトを開発しました。このソリューションは、ロール振動を常時監視する14台のSmartCheckシステムで構成されています。SmartControllerは、お客様の制御システムとSmartCheckのセンサー間の双方向ゲートウェイとして機能します。Power over Ethernet(PoE)を使用してシステムへの電源とArcelorMittal監視ステーションとの通信の両方を行い、ケーブル配線数を最小限に抑えています。

このプロジェクトのポイント

このプロジェクトのポイント

状態監視システムを使用すると、お客様は初期の段階で故障の可能性に関する情報を得られるため、余裕を持って適切な保守対策を講じることができます。このソリューションは、プラントの他の機械にも適しています。

お客様について

お客様について

ムーゾン(フランス・アルデンヌ地方)のAcelorMittal社プラントは、グループの平板鋼製品部門に属しています。この鉄鋼会社は、主要なすべての自動車メーカーだけでなく、建設業界や家庭用器具業界の顧客にも出荷しています。ムーゾンでは、グループが供給するコイルにアルミニウムベースのコーティングが施されています。2台のコーティング装置が稼働して完成品を生産します。

連続加熱炉の偏向ロール
連続加熱炉の偏向ロール
アラームシステムの可視化:1 = 値OK / 2 = 初期警告
アラームシステムの可視化:1 = 値OK / 2 = 初期警告
SmartControllerを使用する制御キャビネット
SmartControllerを使用する制御キャビネット

シェフラーのソリューション製品

SmartCheck from Schaeffler

シェフラーのSmartCheckは、分散方式で機械およびプロセスパラメータを常時監視するための、コンパクトで革新的なモジュール設計オンライン測定システムです。

シェフラーSmartCheckの製品ページ

シェフラーにお問い合わせください。

シェフラーについて、またはシェフラーの製品とサービスについてのご質問や、詳細情報に関してお問い合わせください。

営業担当者がご対応いたします。

お問い合わせ

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意