検索語

製品説明
シェフラーのころがり軸受とすべり軸受:針状ころ軸受

針状ころ軸受は、非常に優れた荷重耐性を備えた小径の軸受配列設計という点で、定評ある機械要素として長い実績があります。X-life構成の場合、最大で50 %寿命が長くなります。

medias製品カタログへ

製品バリエーション

機械加工針状ころ軸受

表面品質の改善により、X-life針状ころ軸受の定格荷重がより改善されています。従来の針状ころ軸受と比べて、動定格荷重は13 %増大しました。定格荷重が大幅に向上したことで、長寿命、潤滑負荷の低下、低摩擦、低い軸受温度を特徴とするより高性能な軸受となりました。こうした開発の成果として、それぞれの用途で効率が向上し、さらに優れた価格性能比を実現しています。

X-life

X-lifeグレードの各種サイズの製品をご用意しています。詳細は、寸法表をご覧ください。

詳細情報
medias製品カタログへ

保持器付き針状ころ軸受

保持器付き針状ころ軸受は、ケージとニードルローラーで構成される単列または複列ユニットです。ラジアル断面高さはニードルローラーの直径にのみ依存しているので、保持器付き針状ころ軸受は最小のラジアル空間で軸受を構成できます。荷重耐性に優れているので高速に適しており、特に組み付けが簡単です。軌道が高い形状精度を出すよう作られている場合、高い振れ精度を持った軸受配列を実現することができます。

ラジアル方向の内部クリアランスは、ニードルローラーの種類と、シャフトとハウジングの公差による影響を受けます。保持器付き針状ころ軸受では、シャフト上とハウジング内で、硬化・研磨された軸受が必要です。

medias製品カタログへ

オープンエンド・シェル型針状ころ軸受

オープンエンド・シェル形針状ころ軸受は、ニードルローラー/ケージアセンブリまたは総ころニードルローラーセットと一緒に提供されます。保持器付き針状ころ軸受を用いた軸受は、総ころ形の設計よりも高速に対応します。

総ころオープンエンド・シェル型針状ころ軸受

総ころ形のオープンエンド・シェル型針状ころ軸受は、最大数のニードルローラーが組み込まれるので、ごく小さな設計外形の枠内で、非常に優れた荷重耐性を発揮します。ただし、高速での使用は制限されます。

ニードルローラーは機械的には保持されないため、輸送および組み付け用に特殊なグリース(DIN 51825–K1/2K–30)によって固定されます。ただし、このグリースは長期的な潤滑能力が十分なわけではありません。そこで、組み付け後に潤滑することが推奨されます。

medias製品カタログへ

クローズエンド・シェル型針状ころ軸受

シェル型針状ころ軸受は、片側がクローズエンド設計となっているものもあります。これは、軸受配列のシャフト先端を閉じたものとするのに適しています。これにより回転シャフトによる負傷を防ぎ、汚れと湿気から軸受を保護します。

サイズに応じて、ベース部はスムーズ仕上げまたはロックビード(強化)仕上げとなります。型出ししたベース部により、軸方向のガイド力を小さくすることができます。

medias製品カタログへ

調心針状ころ軸受

調心針状ころ軸受は、外側シェル型カップ、内側が凹型のプラスチック製サポートリング、外側が球面の外輪、保持器付き針状ころ軸受、取り外し可能な内輪で構成されます。

この軸受は、静的シャフト調整不良を補正できるので、ハウジングに対するシャフトの調整不良が許容されます。調心針状ころ軸受は、ハウジング内径にしっかりと固定されます。したがって、内径は簡単に製作でき、しかも経済的です。

X-life

X-lifeグレードの各種サイズの製品をご用意しています。詳細は、寸法表をご覧ください。

medias製品カタログへ

内輪

内輪は硬化ころがり軸受鋼でできており、精密機械加工または研磨を施した軌道を備えています。使用例:

  • 保持器付き針状ころ軸受、オープンエンドまたはクローズエンド・シェル型針状ころ軸受、針状ころ軸受向けの軌道として、シャフトが使えない場合
  • ハウジングに対するシャフトの軸方向の大きな移動が可能になるよう、針状ころ軸受を幅広の内輪と組み合わせる必要がある場合
  • シールリップに最適な走行面が必要な場合
内輪が精密機械加工されている場合

IR内輪は、軌道が精密機械加工されています。端面を面取りすることで、軸受への挿入が容易になり、軸受のシールリップの損傷を防ぐことができます。内輪は、油穴があるタイプとないタイプがあります。

内輪が研磨されている場合

LR内輪は、軌道が研磨されています。端面が湾曲し、エッジが破壊されます。LR内輪はIR内輪よりも公差が大きくなっています。それゆえ、軸振れの要件が緩く、大きな幅公差を許容する用途に適しています。

medias製品カタログへ

アキシアル針状ころ軸受

アキシアルニードルローラー/ケージアセンブリ

アキシアルニードルローラー/ケージアセンブリは、プラスチック製または金属製のアキシアルケージにニードルローラーが一体化されたもので、軸方向の組み付け高さが非常に小さくなっています。単一方向からの大きなアキシアル荷重を受けます。ラジアル荷重は、別に支持する必要があります。アキシアルニードルローラー/ケージアセンブリは、軌道として、硬化・研磨された走行面が必要です。

スラスト軸受ワッシャー

スラスト軸受ワッシャーは、穿孔され、徹底的に硬化された上で研磨されており、シャフトまたはハウジング位置決めワッシャーとして使用するのに適しています。このワッシャーは、隣接する機械部品が硬化処理はされていないけれども十分に剛性があり、形状的に精度が高い場合に使用するのに適しています。

アキシアル針状ころ軸受

アキシアル針状ころ軸受は、アキシアルニードルローラー/ケージアセンブリと、センタースピゴット付きスラスト軸受ワッシャーで構成されます。これは、オープンエンド・シェル型針状ころ軸受、クローズエンド・シェル型針状ころ軸受、または針状ころ軸受と組み合わせることができます。ニードルローラー/ケージアセンブリの走行面は、硬化処理と研磨が必要です。

medias製品カタログへ

シェル型ローラークラッチ

シェル型ローラークラッチは、内径面に傾斜部を設けた薄肉でノンカットの外輪と、プラスチック製ケージ、加圧ばね、ニードルローラーで構成されるワンウェイクラッチです。トルクを一方向に伝え、ラジアル方向にコンパクトな設計です。ローラークラッチは、軸受支持部があるタイプとないタイプがあります。

シェル型ローラークラッチは、非常に高精度のインデキシングが可能です。これは、ニードルローラーの個別のばね荷重により、シャフト、ニードルローラー、傾斜部の間で連続した接触を確保できるからです。クランプエレメントの質量が小さく、慣性モーメントが小さいので、インデキシング頻度を高くすることができます。また、オーバーラン摩擦トルクが低くなっています。

シェル型ローラークラッチは、インデキシングクラッチ、逆転防止クラッチ、オーバーランニングクラッチなど、さまざまな用途に使用することができます。こうしたケースでは、シェル形ローラークラッチは、オーバーランニング機能またはロック機能を果たします。

medias製品カタログへ

X-life品質

X-life – 優れた性能を証明

X-life軸受では、軌道の粗さと形状精度が最適化されています。これにより、荷重耐性が向上し、長寿命化します。X-lifeは、INAおよびFAGブランドの特別な高性能製品の目印となる高級ブランドです。

X-life軸受は、最新の標準製品よりも動定格荷重が大きいため、定格寿命と動作寿命の長さを特徴としています。荷重と設計外形が同じ場合、X-life軸受の方が定格寿命が長くなります。保守間隔も長くすることが可能です。

詳細情報

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意