検索語

SpindleSense (スピンドルセンス)

変位測定によるスピンドル監視

変位測定によるスピンドル監視

SpindleSenseは機械のダウンタイムを削減し、機械の利用率を向上

C-A1– 測定された変位(アキシアルおよびラジアル)および傾斜についてデータを送信

C-A1-Upgrade – 荷重や動的な制限値を超過した時にアラーム信号を送信

メリット:

  • 継続的な過負荷に対して保護し、衝突による損傷を低減
  • スピンドルのたわみ/変形の直接測定による評価とプロセス制御

詳細情報を含む刊行物

お問い合わせ

SpindleSenseを使用する包括的なメリット

可用性の向上

スピンドル軸受の過負荷の早期検出は、その後の損傷を最小限に抑える事に繋がります。

生産性の向上

変位情報の取得と設備稼働率の適切なコントロールにより、機械加工プロセスが最適化され、無負荷稼働とサイクル速度の損失を防ぎます。

より高い品質を目指して

SpindleSenseは生産品質を向上させ、スクラップや再加工の発生を防止する為に大いに役立ちます。

最適化されたTCO

SpindleSenseの使用は、コストの最小化に大きく貢献し、機械運転寿命を延長します。

特徴

  • シャフトの変位を直接測定(アキシアル、ラジアル、チルティング)
  • スピンドル軸受をマイクロメートルの精度で監視
  • 2ミリ秒以内に重大な稼働状態を検出
  • 変位のモデルベースの分析
  • 制限値を超過したときにアラームを発報

セクター

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意