検索語

製品説明
潤滑油供給監視

潤滑油の寿命は、軸受の寿命にとって決定的です。これは、用途に応じて、グリースまたはオイルセンサーを使用して監視します。損傷が生じる前に、早めに潤滑油を補充または交換することができます。

製品バリエーション
潤滑油供給監視:磨耗片点検

磨耗片点検

このタイプの微粒子センサーを使用すると、大きな負荷のかかる産業用ギヤボックス内の摩耗を、オイル内の粒子によって早期に特定することができます。オイル内の磨耗片の粒子に基づき、不具合の可能性を何カ月も前に検知することができます。潤滑油内の微粒子の数を監視することで、損傷を早期に特定します。こうして、二次的損害やダウンタイムを防ぐのに役立ちます。微粒子センサーは、ギヤボックスの再循環潤滑システムの補助フロー内(フィルターの上流側)、または独立した回路内に設置します。

FAG磨耗片点検は、一般的には、原材料抽出プラントのギヤボックス、風力タービンの遊星ギヤボックス、船舶推進システムなどで使用されています。

微粒子センサーの特徴は以下のとおりです。
  • オイル内の粒子の数の監視
  • 鉄金属と非鉄金属への粒子の区別
  • サイズに応じた粒子の分類
  • 微粒子データと振動データをリンクするためのオンライン監視システムへの統合も可能

オイルおよび振動監視機能を組み合わせると、再循環オイル潤滑を用いたギヤボックスの損傷を早期に検知し、それに応じて原因を特定することができます。こうして、生産停止や二次的損害を防ぐことができます。

潤滑油供給監視:GreaseCheck

GreaseCheck

グリースセンサーは直径5 mmで、できるだけころがり軸受の近くのハウジング内の穴に差し込みます。センサーは潤滑油内に取り付けます。このグリースセンサーは、水分含有量、濁度、熱的および機械的摩耗、グリース温度を、軸受配列内で直接、光学的に測定します。この情報は、ケーブルを通じて評価ユニットに伝送されます。評価ユニットがアナログ信号を生成し、グリースの状態に関する情報をユーザーに迅速、容易に提供します。

従来は、軸受の潤滑は時間に応じていました。グリース量と潤滑間隔は、数値的に計算されていました。しかし、グリースセンサーを使用すると、状態に応じて潤滑することができます。

グリースセンサーにより、以下のことが容易になります。
  • 必要ベースでの潤滑
  • 潤滑油コストの低減
  • 予期せぬダウンタイムの防止
  • 保守および整備コストの低減
  • 装備コストの低減
ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意