検索語

シェフラーの保守製品:中波を用いた誘導装置

誘導加熱装置とは異なり、中波を用いた誘導装置は、取り付け前に加熱するのに適しているだけでなく、取り外し時にも使うことができます。非常に大きく重いコンポーネントを加熱するのにも使用できます。

軸受が十分に膨張するのは、多くの場合、+80 °C ~ +100 °C時です。加熱作業中は、最高加熱温度を守る必要があります。軸受の構造と硬度の変化を防ぐため、ころがり軸受の温度は通常は+120 °Cを超えてはなりません。どの加熱機器でも、温度は無段階で調節できます。

優れた柔軟性とコンパクトな設計により、この装置は持ち運んで使用することもできます。そのため、例えば風力タービンなどの運搬困難な大型コンポーネントの建設現場でも使うことができます。

この装置はジェネレーターとインダクターで構成され、インダクターをワークピースに置きます。リジッドインダクターとフレキシブルインダクターがあり、要件に応じて使い分けます。フレキシブルインダクターは、用途に応じてワークピースの内径または外径に取り付けることができます。軸受内輪や、風力タービンのマシンキャリアなどの大型コンポーネントを加熱するのに適しています。インダクターの長さは、ワークピースの寸法に応じて決めます。

リジッドインダクターは、特に連続生産に適しています。連続生産の場合、柔軟性はそれほど求められず、むしろ短いセットアップ時間と高いプロセス信頼性が重視されるからです。

中波を用いた加熱装置の利点は以下のとおりです。
  • 取り付けに最適
  • 取り外しに最適
  • 動作周波数は10 kHz ~ 25 kHz
  • ジェネレーターの効率は90%以上
  • メンテナンスの必要性が低い
  • 短い加熱時間
  • 時間および温度ベースの制御、ならびに追加の操作モード
  • 自動消磁
  • フレキシブルインダクターとリジッドインダクターが可能
  • インダクターはコンポーネントの内部でも外部でも使用可能
  • 電源周波数を用いた加熱装置よりも主電源接続電力が小さい
  • ほぼ無音
  • 空冷システム
ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意