検索語

電動モーター、ポンプ、ファン、ドライブトレインの軸受を監視するためのデジタルサービス

利点:

  • 予期せぬダウンタイムを回避
  • メンテナンスコストを削減
  • ドライブトレインのステータスが明確
  • データ管理が簡単

お問い合わせ

モーター、ファン、ポンプなどの付帯機器により、製造プラントは稼働し続けています。このような機器の予期せぬ故障により、生産ライン全体がすぐにシャットダウンしかねません。このような場合、高いコストが発生し、納品期日が危うくなることがあります。付帯機器を一括監視すれば、予期せぬ故障を防ぐことができます。しかし、手作業による状態監視は時間がかかり、コストがかさみます。ConditionAnalyzerを使用すると、様々な機器を一括して自動的に監視できます。さらに、ConditionAnalyzerでは、シェフラーのエキスパートノウハウに簡単且つ、すばやくアクセスできます。

ConditionAnalyzerの出力を利用すれば、予期せぬダウンタイムを回避して、資産を最大限に活用できます。

ConditionAnalyzerが選ばれる理由

より明確化

ConditionAnalyzerでは振動データが自動的に分析され、アプリケーションの状態が明確になります。

可用性の向上

ConditionAnalyzerの結果を利用すれば、予想外のダウンタイムを回避して、資産を最大限に活用できます。

より簡素化

ConditionAnalyzerはインターネットの標準的なインターフェースで使用できます。状態監視システムへの統合が簡単で、すぐに使用できます。

更なる自動化

ConditionAnalyzerは効率的で拡張可能なアルゴリズムなので、インダストリー4.0の急速に増大するデータを処理できます。

ケーススタディ:

オランダの産業サービスプロバイダーSPIT Electrical Mechanicsは、顧客の機械の保守について、シェフラーの専門知識に信頼を置いています。SPIT Electrical Mechanicsは、SmartCheck状態監視システムによる予知メンテナンスのおかげで通常のオフライン測定から連続オンライン測定に移行し、コストを削減しています。

シェフラーのConditionAnalyzerでは、エンジニアが軸受の設計と製造において培ってきた専門知識と、振動データの解釈により工場をメンテナンスしてきた長年の経験が、実用的なひとつのツールとして組み込まれています。

With this Schaeffler expertise, the ConditionAnalyzer can reliably identify the bearing condition.

ConditionAnalyzerでは、シェフラーのこの専門知識により、軸受の状態を確実に認識できます。

コンフィグレーション、制限値、またはアラーム閾値は必要ありません。ConditionAnalyzerでは、最初から正確な結果が出ます。

ConditionAnalyzerでは、センサーからの振動データが使用されます。振動データは自動的に分析、処理されます。

特徴

シェフラーサービスでは、複雑なデータが提示されるのではなく、お客様において実施がしやすい推奨事項が提示されます。その推奨事項には、次の3つの特徴があります。

  1. 軸受損傷の有無と箇所に関する報告:転動体、内輪、外輪のいずれに損傷があるか。
  2. 損傷の進行度に関する報告:初期、進行、重大のいずれであるか。
  3. 予測精度に関する報告

また、ConditionAnalyzerでは、アンバランスやアライメント不良などの一般的な特性値も計算されます。

The Schaeffler Service does not provide complex data, but rather a simple recommendation for action - consisting of three features.

この情報から、軸受が動作を継続できるかどうかをすばやく推定し、損傷があった場合は、軸受を次のメンテナンス時期に交換できるか、またはすぐに交換する必要があるかを推定できます。

軸受の交換が必要かどうか不明な場合は、シェフラーのエキスパートに直接問い合わせて詳細分析を依頼できます。エキスパートはすべてのデータを詳しく調べて、推奨事項を提示します。

ConditionAnalyzerでは、付帯機器の状態が十分に明確になります。そのため、メンテナンスの労力とコストを削減できます。そして最も重要なことは、予期せぬダウンタイムを回避できることです。

デジタルサービスは、REST APIインターフェースにより、既存のIoTプラットフォームや状態監視システムに簡単に統合できます。

Der Digitale Service kann einfach in eine bestehende IoT-Plattform über eine REST API Schnittstelle integriert werden.

ConditionAnalyzerはあらゆる既存のセンサーで動作しますが、次のセンサーで最適に動作します。

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意