検索語

鉄道向けコンディションモニタリング4.0

インテリジェントなソフトウェアとクラウド接続による状態監視システム:最大6個のセンサーユニットからプロセッサーユニットに信号を送ることができ、そこで生データが処理されて関連パラメータが生成されます。
インテリジェントなソフトウェアとクラウド接続による状態監視システム:最大6個のセンサーユニットからプロセッサーユニットに信号を送ることができ、そこで生データが処理されて関連パラメータが生成されます。

シェフラーは、客車の電動台車全体の監視をデジタル化してメンテナンスを最適化するために、インテリジェントなソフトウェアとクラウド接続を用いた状態監視システム(CMS)を開発しました。これにより、平均速度の向上、走行距離の増加、メンテナンス間隔の延長が実現すると同時に、運用信頼度も高まりました。

事業者またはメンテナンス技術者は、世界中のどこからでもインターネット経由で個々の車輪軸受から車輪および台車全体の状態を監視することができます。

鉄道用の軸箱ジェネレータ

貨車向けの独立型の電気供給

一般に、現在の貨物列車は独自の電気設備を備えていません。しかし、同時に、GPSや状態監視などの最新の機能に電力の供給は欠かせません。

シェフラーの軸箱ジェネレータは、あらゆる鉄道用途に適した、独立型の信頼性の高い電源装置です。

このシステムは軸箱に直接フランジで取り付けられ、使用中の貨車に後付けすることもでき、鉄道貨物輸送の費用対効果の改善に大きく役立ちます。

交換と取り付け
どちらのバージョンの軸箱ジェネレータでも、標準ハウジング(UIC / Y25)のエンドキャップに各種ジェネレータコンポーネントを取り付け、鋳造またはネジでハウジングカバーに固定します。つまり、このシステムは利用可能な設計外形に収まり、標準ハウジングコンポーネントに1対1交換で取り付けることができます。

機能
軸が回転すると、エンドキャップに組み込まれた磁石はローターとして機能し、ハウジングカバー内のコイルは静止したままとなってステーターの役割を果たします。生成された電気は蓄電池に蓄えられるので、車両静止時でも利用できます。

FAGセンサーキット

FAGセンサーキット
センサー付きTAROL軸受

車輪軸受の動作データを測定するFAGセンサーキットは、長年にわたり世界中で優れた実績を重ねてきました。これはFAG TAROL軸受での使用向けに最適化されており、2,500 rpmまでの速度、回転方向、軸受温度を検知します。温度測定のために、2個の独立型の温度センサーを組み込むことができます。オプションで、ラジアル方向とアキシアル方向の加速度の測定も可能です。FAGセンサーキットは耐摩耗性で、増大するEMCおよび過電圧保護の要件に適合しています。

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意