検索語

イントラロジスティクスのメンテナンス 4.0

シェフラーは、世界最高水準のイントラロジスティクスプロバイダーの1つであるSSI Schäferと協力して、最新の保管・流通センターの運用上重要な機械にインテリジェントな保守システムを導入しました。予期せぬダウンタイムを防ぎ、メンテナンスコストを大幅に削減し、機械の可用性を向上させることを目的としています。運用に関わる駆動システムの状態監視システムおよび部分的に自動化した保守システムを適用しております。

アニメーション:イントラロジスティクスのメンテナンス 4.0

予期せぬダウンタイムの回避

シェフラーSmartCheck状態監視システムを用いて、保管・回収システム、リフティングステーション、スパイラルコンベヤなどの自動倉庫システムの運用に関連する駆動部の状態を継続的に監視します。振動診断により、機械の初期損傷を早期に確実に識別できます。

SmartCheckが、自動倉庫システムのリフトドライブとトラベルドライブを継続的に監視します。
SmartCheckが、自動倉庫システムのリフトドライブとトラベルドライブを継続的に監視します。
シェフラーの最新の保管・流通センターを用いた自律的なサブシステムにより、確実な流れを確保できます。
シェフラーの最新の保管・流通センターを用いた自律的なサブシステムにより、確実な流れを確保できます。

保守費用の削減と可用性の向上

特別に開発された潤滑ピニオンを備えた集中管理Concept8潤滑システムは、稼働中のチェーンコンベアやローラーコンベアに対して継続的に正確な潤滑を行います。過潤滑とダウンタイムを確実に回避すると同時に、過剰な潤滑油によるシステムの汚れを防止します。

推奨動作をデジタルサービスで提供

シェフラーは、今後デジタルクラウドサービスを使用して、「LifetimeAnalyzer」で駆動部の軸受の計算余寿命を算出し、「ConditionAnalyzer」で詳細な状態分析と予知保全を行います。保守技術者は、所定の対処を自動的に受け取り、システムを確実に機能させるために適切な予防措置を迅速かつ容易に実施できます。

人による保守の費用の最小化

状態データとその他の主要な動作パラメータを統合して制御室に表示し可視化することで、目標を明確にして重要なKPIを定義し、調整することができます。

イントラロジスティクスのメンテナンス 4.0を用いることで、状態監視や自己報告システム、保守の自動化を高性能化でき、ダウンタイムが少なくなるため、保守人員をより効率的に配置できます。

Egon Grief、シェフラーのEDC Central保守管理部長

Egon Grief、シェフラーのEDC Central保守管理部長
Egon Grief、シェフラーのEDC Central保守管理部長
ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意