検索語

クラウドークラウド通信によるシステム統合

シェフラーとZF Friedrichshafen AGのパートナーシップは、風力分野の4.0ソリューションを生みだしました。この2社のパートナーが開発したエキスパートモデルは、風力タービンの動作中に発生する実際の負荷に基づいて、より正確にギヤボックスの状態の分析と予測を行います。たとえば、デジタルサービス「LifetimeAnalyzer」では計算余寿命を算出します。

ZFは、インテリジェントな風力トランスミッション向けシステムのリーディングサプライヤです。ZFの専門知識とシェフラーの転がり軸受に関する専門知識を蓄積することで、シェフラーは共通のクラウドークラウドソリューションを追求するZFの理想のパートナーとなりました。これにより、ドライブソリューションの性能と稼働寿命の継続的な向上が可能になりました。

工学博士Dietmar Tilch、ZF Friedrichshafen AGの状態監視システム生産技術取締役

工学博士Dietmar Tilch、ZF Friedrichshafen AGの状態監視システム生産技術取締役
工学博士Dietmar Tilch、ZF Friedrichshafen AGの状態監視システム生産技術取締役
デジタル監視と制御システム
デジタル監視と制御システム

ZFは、クラウドークラウド通信によって、シェフラー技術の軸受と振動分析の専門知識をデジタル監視と制御システムに統合しました。このような、お客様とパートナーとのクラウドークラウドソリューションには、シェフラーのSmart EcoSystemが欠かせません。このデジタルエコシステムはオープンアーキテクチャを採用しており、標準化されたインターフェースと、インターネットまたはVPN接続による暗号化通信によって、最高水準のデータセキュリティを実現します。

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意