検索語

シェフラージャパンについて

シェフラージャパン株式会社は、株式会社イナベアリング(1987年創業)とエフ・エー・ジー・ジャパン株式会社(1982年創業)が合併し、2006年に設立されました。現在は国内3拠点体制で、自動車事業・産業機械事業を展開しております。

自動車事業部では、自動車のエンジン、シャシー、トランスミッションなどの駆動系全体の部品開発・供給にとどまらず、新しいソリューションを生み出すパートナーとして、自動車産業に貢献しております。

オートモーティブアフターマーケット事業部では、世界中の自動車用補修部品事業を担い、エンジン、トランスミッション、シャシーへのリペアソリューションを提案します。

産業機械事業部では、工作機械・重工業・風力発電機や製鉄産業など、60以上の幅広い産業領域に向けての軸受選定サービスを提供しております。

「未来のモビリティ社会のために(Mobility for Tomorrow)をテーマに、日本の産業・お客様に貢献するために、日本での研究開発を強化しています。

  • 設立年月日:1987年7月6日
  • 資本金:4,000万円
  • 役員:代表取締役 マネージング・ディレクター 四元 伸三
  • 従業員数:300名(2018年現在)
  • 所在地:本社 〒240-0005 神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町134 横浜ビジネスパーク シェフラーR&Dセンター・ビル
  • 拠点:名古屋、広島

シェフラージャパン株式会社

本社・横浜オフィス

〒240-0005
神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町134
横浜ビジネスパーク
シェフラーR&Dセンター・ビル

info-japan@schaeffler.com

産業機械事業部
自動車事業部

名古屋オフィス

〒453-6122
愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート22F

広島オフィス

〒730-0051
広島市中区大手町1-2-1
おりづるタワー11F

中央技術研究所

シェフラージャパンの中央技術研究所は、日本のお客様をサポートすることを目的として、2010年に設立されました。

2015年には横浜本社の移転に伴って研究所エリアを拡張し、日本におけるR&D機能を強化していく計画です。

私たちは最先端の分析機器、ドイツ・シェフラーグループのノウハウを結集したシミュレーション技術やテスト装置を用い、日本の革新的市場においてお客様を長期にわたりサポートしていける存在となることを目指しています。

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意