検索語

シェフラーグループ – We pioneer motion

シェフラーグループは、自動車および産業分野のグローバル・リーディング・サプライヤーとして70年以上にわたり「motion(動くもの)」と「モビリティ」の分野で画期的な発明と開発を推進してきました。CO₂効率の高い駆動、電動モビリティ、インダストリー4.0、デジタル化、再生可能エネルギーのための革新的な技術、製品、サービスを提供しており、「motion(動くもの)」と「モビリティ」をより効率的、自動的、持続可能なものにするために信頼できるパートナーとしての地位を築いています。同社はパワートレインやシャーシ用途向けの高精度部品やシステムのほか、多数の産業用途向けに転がり軸受や滑り軸受のソリューションを製造しています。シェフラーグループは、2020年に約126億ユーロの売上高を達成しました。約83,900人の従業員を擁するシェフラーは、世界最大級の同族企業です。シェフラーは、2020年に1,900件以上の特許を申請しており、DPMA(ドイツ特許商標庁)によると、ドイツで2番目に革新的な企業となっています。

オーナー

オーナーのマリア‐エリザベス・シェフラー・トゥーマンは、息子のゲオルクF.W.シェフラーとともに、夫であるゲオルク・シェフラー名誉工学博士(1996年死去)が生涯をかけた事業を引き継いでいます。

経営体制

シェフラーグループの経営管理はシェフラーAG執行役会が担当しています。執行役会と各地域のCEOが協力して、シェフラーグループの経営体制を担っています。

Roadmap 2025

私たちは、お客様やパートナー、社会と協力して、モビリティとモーションの未来を作っていきたいと考えています。それが私たちを動かす力であり、アイデンティティを表しています。

監査役会

シェフラーAGの監査役会は、執行役会に対する任命、監督、助言を行います。シェフラーAGの共同決定力を有する連合監査役会のメンバーは、10名の従業員代表と10名のオーナー陣代表からなる合計20名で構成されています。

サステナビリティ(持続可能性)

経済的、環境的、および社会的責任を引き受けることは、同族会社であるシェフラーグループの伝統です。

投資家向け広報(IR)

現在の会計年度の最新の財務報告書、プレゼンテーション、企業メッセージ、およびシェフラーの財務状況に関する情報の発行日

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意