検索語

シェフラー – グローバルテクノロジーカンパニー

シェフラーグループは、自動車産業および産業機械の世界的なサプライヤであり、最高水準の品質と圧倒的な革新性で有名です。シェフラーは、エンジン、トランスミッション、シャシーなどに使用される高精密部品とシステム、およびさまざまな産業機械分野に向けたころがり軸受ソリューションにより、「未来のモビリティ社会のために」に大きく貢献しています。シェフラーは、2018年、約142億ユーロの売り上げを達成しました。世界中に約92,500人の従業員を擁するシェフラーは、ヨーロッパで最大の同族所有の工業企業のひとつです。シェフラーは、世界中に製造拠点、研究開発施設、販売会社、トレーニングセンターを有し、50を超える国に170の拠点を持っています。

オーナー

オーナーのマリア‐エリザベス・シェフラー・トゥーマンは、息子のゲオルクF.W.シェフラーとともに、夫であるゲオルク・シェフラー名誉工学博士(1996年死去)が生涯をかけた事業を引き継いでいます。

経営体制

シェフラーグループの経営管理はシェフラーAG執行役会が担当しています。執行役会と各地域のCEOが協力して、シェフラーグループの経営体制を担っています。

事業戦略

モビリティへの需要は急速に変化し、新しい対応が必要になります。「未来のモビリティ社会のために」という戦略は、シェフラーの持続可能で有益な将来の成長へと導きます。

監査役会

シェフラーAGの監査役会は、執行役会に対する任命、監督、助言を行います。シェフラーAGの共同決定力を有する連合監査役会のメンバーは、10名の従業員代表と10名のオーナー陣代表からなる合計20名で構成されています。

サステナビリティ(持続可能性)

経済的、環境的、および社会的責任を引き受けることは、同族会社であるシェフラーグループの伝統です。

投資家向け広報(IR)

現在の会計年度の最新の財務報告書、プレゼンテーション、企業メッセージ、およびシェフラーの財務状況に関する情報の発行日

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意