検索語

IAA Mobility 2021 シェフラーとモービルアイ 自律走行型シャトルを事業化へ

Pressrelease Stage Image
シェフラーのローリングシャシーは、新しい自動運転車両用ソリューションのための、汎用性と拡張性の高いプラットフォームです。

2021年09月06日 | Yokohama

  • シェフラーとモービルアイ、自律走行車両の事業化を推進
  • 今回のコラボレーションにより、シェフラーの持つドライブトレインおよびシャシー分野におけるエンジニアリングと事業化の専門知識と、モービルアイの持つ自動運転支援システムノウハウと長年の実績との組み合わせを実現
  • 自律走行可能で、顧客ニーズに応じて柔軟にカスタマイズできる車両プラットフォームを2023年から提供予定

ヘルツォーゲンアウラッハ/ミュンヘン|2021年9月6日|自動車・産業用機械メーカーのシェフラーと、インテル傘下で自動運転ソリューションのリーディングプロバイダーであるモービルアイは、長期的な協力関係を築くことに合意しました。シェフラーAGのAutomotive Technologies CEOであるマティアス・ジンク氏は、「規制や技術の急速な変化や、都市化の進展、モビリティへの社会的な関心の高まりにより、自律的な人や物の移動手段のような、これまでと異なる斬新なコンセプトが求められています。車両の自律走行技術はモビリティの持続可能性において重要な役割を果たしており、当社のロードマップ2025において将来の事業分野として位置づけています。モービルアイとのパートナーシップにより、自動運転シャトルを量産に向けて開発していきたいと考えています」と述べています。

新しいモビリティコンセプトに向けたモジュール式プラットフォームであるローリングシャシーに、Mobileye Drive™自動運転システムを搭載しました。本システム搭載により、完全自動運転(レベル4)のシャトルやその他カスタマイズ可能な車両プラットフォームを開発し、MaaS(Mobility-as-a-Service)やTaaS(Transportation-as-a-Service)へのソリューションを世界中の顧客に提供することができます。「Mobileye Drive™は、あらゆる車種の自動運転化を可能にする、汎用性と拡張性に優れたソリューションです。Mobileye Drive™を搭載したシェフラーの革新的なローリングシャシー車両プラットフォームによって、今後2、3年のうちに自律走行シャトルやその他の無人輸送ソリューションの幅広い展開が可能になります」とモービルアイ社のMobility-as-a-Service担当副社長のヨハン・ユングワース氏は述べています。

2023年からの自律型交通ソリューション

モービルアイ社の自律走行支援技術とシェフラーのローリングシャシーを組み合わせることで、カスタマイズ性と適応性に優れた自律走行可能な車両プラットフォームを提供することができます。このプラットフォームは、必要な冗長性を備えることで安全基準を満たしており、2023年から自律走行による輸送ソリューションを急速に広げてゆくことが可能になります。モビリティーサービスプロバイダーや貨物輸送会社にとって、運行時間と輸送効率を大幅に改善でき、自律走行型シャトルを経済的に導入することが可能になります。 シェフラーのローリングシャシーはカスタマイズ性と拡張性の高いプラットフォームであり、人や物を運ぶための新たな無人運転モビリティソリューションだけでなく、モバイル充電スタンドや、車輪付きポップアップストア等への適用も考えられます。このモジュール式プラットフォームにはシェフラーの幅広い技術が使われており、カスタマイズ性の高い柔軟なアーキテクチャを提供します。ステアリングと駆動に関しては、電動アクスルを用いたシンプルなドライブトレインと従来のセンターステアリングとの組み合わせから、4つの「シェフラー・コーナーモジュール」を使用したものまで、顧客の要求に応じてさまざまなバリエーションを実現することができます。コーナーモジュールは、最大90度の操舵角が可能で、量産性と拡張性を考慮して更に開発が進んだものです。コーナーモジュールには、ホイールハブモーター、サスペンション、電動ステアリングアクチュエーター、ブレーキユニットが含まれます。サスペンションには、乗り降り時に車高を低くすることも可能なエアサスペンションも適用可能です。

Mobileye Drive™自動運転システムは、そのまま直ぐに適用できる自律走行ソリューションで、2つの重要なコンセプトで安全性を確保しています。1つは、システムの意思決定時の安全性を確保するためのモービルアイの公式のResponsibility-Sensitive Safetyモデル、もう1つは、2つの独立したサブシステム(カメラとレーダー+ライダー)を組み合わせて確実なセンシングを可能にするTrue Redundancy™を備えた知覚システムです。また、Mobileyeの自動運転用の地図自動生成技術「Road Experience Management™」により、地理的な制限なく自動運転システムを導入することができます。この技術により、世界中の道路ネットワークの自動運転用の地図がクラウドデータを用いて独自に作成され、既に量産されている多くの先進運転支援システムから収集したデータを用い継続的かつ自動的に最新情報に更新されます。

IAA Mobilityに関するシェフラーの他のプレスリリースは、デジタルプレスキットにおいてご覧いただけます。 https://www.schaeffler.com/content.schaeffler.com/en/news_media/press_kit/presskitsdetail/press_kit_iaa.jsp

発行者: Schaeffler Japan Co., Ltd.
国: 日本

関連メディア

シェフラーのプレス画像の使用について

シェフラーのプレス画像は編集目的でのみ使用することができます。特に明記されていない限り、すべての著作権と使用および利用の権利は、ヘルツォーゲンアウラッハ (ドイツ)のSchaeffler Technologies AG & Co. KG、またはその関連会社が所有します。シェフラーのプレス画像の複製・公開は、出典が以下のように記載されている場合にのみ許可されます。「画像:シェフラー」この場合、写真は無料で使用することができます。広告やその他の商業目的での使用、特に商業目的での第三者への公開は禁止されています。また、画像の編集はシェフラーの承認を得た場合にのみ行えます。

シェフラーのプレス画像が印刷されたメディア(または電子メディアで公開されている場合はデジタルコピー)で公開される場合は、見本のコピーをお送りください。シェフラーのプレス写真を映画で使用する場合は、映画のタイトルを明記の上、お知らせください。

シェフラーのプレス画像の使用および利用は、抵触法の規定なしにドイツの実体法に準拠します。管轄裁判所はドイツのニュルンベルクとします。

ポータルアドレス:
Schaeffler Technologies AG & Co. KG
Corporate Communication
Industriestraße 1-3
91074 Herzogenaurach
Germany

presse@schaeffler.com

ダウンロード

パッケージ(プレスリリース + メディア)

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意