検索語

IAA Mobility 2021 シェフラーのシャシー・ソリューションが自動運転への道を切り開く

Pressrelease Stage Image
Space Drive 3 Add-ONは、最大限の安全性を考慮して設計されており、ISO 26262の機能安全の厳しい要件を満たしています。

2021年08月24日 | Yokohama

  • l Space Drive 3 Add-ON: この次世代ステアバイワイヤ技術は、既存の車両アーキテクチャへより簡単に組み込むことができ、商業化に向けて更に完成度を高めた
  • シェフラーのハンドホイールアクチュエーター(HWA)により、従来のステアリングホイールと機械的なステアリングコラムはメカトロニクス・アクチュエーターに置き換わり、キャビンのインテリアレイアウトに新たな可能性をもたらす
  • 新しいローリングシャシーは、ドライバーレス・モビリティのための拡張性のあるプラットフォームを提供する

シェフラーは、インテリジェント・シャシー・システムをベースとした自律型モビリティへと、技術領域を着実に広げています。自動車・産業用サプライヤーであるシェフラーは、IAA Mobility 2021にて、「Space Drive 3 Add-ON」を公開します。「Space Drive」は自律走行への道を切り開く多重冗長性を有するドライブバイワイヤシステムであり、これはその第3世代にあたります。今回の展示では、商業化に向けた技術の成熟度に注目です。

メカトロニクスシステム製品では、今回初公開となるフォースフィードバック ハンドホイール(HWA)や、安全性と快適性の向上のためインテリジェント後輪ステアリング(iRWS)を展示します。

また、シェフラーは、全く新しい形の自律型モビリティへの道を開く車両プラットフォームとして、新しいローリングシャシーも発表します。シェフラーのAutomotive Technologies CEOであるマティアス ジンクは、「この分野での取り組みを通して、シェフラーは高度なシャシー・ソリューションの技術パートナーとして急速に認知されつつあります。これらのソリューションは、シェフラーの電気駆動技術と組み合わせることで、自律型モビリティにおける先進的イノベーション技術となります。その鍵となるのは、シェフラーが何十年にもわたって蓄積してきたコンポーネントとシステムに関する豊富な専門知識であり、それを今、車両全体のレベルに適用することができているのです」と述べています。

ステアバイワイヤシステム「スペース ドライブ」はまもなく量産化

シェフラーのステアバイワイヤ システム「Space Drive」は、自動運転への道を開くために、駆動と操舵の動きを電子信号だけで車輪に指令します。この技術は、これまでに延べ10億km以上の無事故走行という実績があり、モータースポーツでの過酷な条件のもとで更に細かい玉成が行われています。この技術の最新世代であるSpace Drive 3 Add-ONは、少量生産向けのシステムで、量産準備も整いIAAモビリティショーにて展示します。このSpace Driveシステムは、最大限の安全性を確保するために3重の冗長性を備えており、ISO 26262の機能安全の厳しい要件を満たしています。この第3世代のシステムは、AUTOSARソフトウェア規格に基づいているため、車両の電子機器やオンボードの通信ネットワークとも直接通信することができ、既存の運転支援システムとも統合制御することが可能です。シェフラーのシャシーシステム責任者であるビクトール モルナールは、「Space Drive 3は、当社にとって大きな節目となる製品です。この高い拡張性と柔軟性を備えたステアバイワイヤシステムの生産準備が整い、顧客に提供できるようになったということです。さらに、このシステムはすべてのステアリングパラメータを記録することができ、自動運転車では先進運転支援システム(ADAS)へのフィードバックも可能です」と述べています。

快適性と安全性を高めるメカトロニックソリューション

シェフラーは、来るIAAモビリティショーで、フォースフィードバック ハンドホイールアクチュエータ(HWA)を発表します。これは、従来のステアリングホイールと機械的なステアリングコラムに取って代わるメカトロニックソリューションで、これによりステアリングシステムに必要なスペースが減り、自動または半自動運転モード時にホイールをセンターコンソールに収納することができるなど、運転席回りのインテリアデザインにまったく新しい可能性をもたらします。また、路面の凹凸による振動不要な振動の伝達を抑制し、さらにステアリングギア比を状況に応じて変化させられるなど、新しいドライビングダイナミクスの機能も実現します。このHWAはモジュール化されており、様々なアプリケーションや車両クラスに対応させることができます。スペースドライブのステアバイワイヤシステムや、ステアリングギアの電動モータと組み合わせることで、インテリジェントな前輪操舵(iFWS)も実現できます。またシェフラーは、インテリジェント・メカトロニック後輪操舵システム(iRWS)も展示しています。このシステムは、重量が8kg以下と非常に軽量なソリューションであり、安全性と乗り心地の向上を実現します。

ローリングシャシー:新しいモビリティソリューションのための技術

今回、シェフラーの新しいローリングシャシーも展示しています。ローリングシャシーは、モジュール化された拡張性のある車両プラットフォームであり、旅客輸送や貨物輸送、さらには清掃機械などの特殊な用途で、ドライバーレスの新しいモビリティソリューションを実現します。このプラットフォームには、シェフラーの持つ幅広いモビリティ技術が採用されています。その柔軟なアーキテクチャにより、通常の左右連結タイプのステアリングと単軸(前軸または後軸)の電動アクスルを組み合わせたものから、シェフラーのコーナーモジュールを4つ搭載したものまで、ステアリングおよび駆動方式に関して顧客の要求に応じた幅広いバリエーションを提供します。シェフラーのコーナーモジュールには、拡張性と量産対応性を持たせるための更なる最適化が施されています。このコーナーモジュールは、ホイールハブモーター、車両の乗り降りを容易にするエアスプリングを組み込んだサスペンションシステム、電動ステアリングアクチュエータ、ブレーキで構成されており、最大90度まで転舵することができます。

IAA Mobility(モーターショー)のシェフラーへは、ホールB3のスタンドA80にお越しください。記者会見は2021年9月6日午後1時45分から行われ、オンライン(https://schaeffler.gomexlive.com/)でのライブストリーミングもございます。

https://schaeffler.gomexlive.com/

発行者: Schaeffler Japan Co., Ltd.
国: 日本

関連メディア

シェフラーのプレス画像の使用について

シェフラーのプレス画像は編集目的でのみ使用することができます。特に明記されていない限り、すべての著作権と使用および利用の権利は、ヘルツォーゲンアウラッハ (ドイツ)のSchaeffler Technologies AG & Co. KG、またはその関連会社が所有します。シェフラーのプレス画像の複製・公開は、出典が以下のように記載されている場合にのみ許可されます。「画像:シェフラー」この場合、写真は無料で使用することができます。広告やその他の商業目的での使用、特に商業目的での第三者への公開は禁止されています。また、画像の編集はシェフラーの承認を得た場合にのみ行えます。

シェフラーのプレス画像が印刷されたメディア(または電子メディアで公開されている場合はデジタルコピー)で公開される場合は、見本のコピーをお送りください。シェフラーのプレス写真を映画で使用する場合は、映画のタイトルを明記の上、お知らせください。

シェフラーのプレス画像の使用および利用は、抵触法の規定なしにドイツの実体法に準拠します。管轄裁判所はドイツのニュルンベルクとします。

ポータルアドレス:
Schaeffler Technologies AG & Co. KG
Corporate Communication
Industriestraße 1-3
91074 Herzogenaurach
Germany

presse@schaeffler.com


ダウンロード

パッケージ(プレスリリース + メディア)

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意