検索語

シェフラーがARENA 2036イノベーションネットワークに参加

Pressrelease Stage Image
シェフラーAGの最高執行責任者アンドレアス・シック氏(中央)と、(左から)シェフラーのデジタル化・オペレーションIT部門責任者ロベルト・ヘンケル氏、フラウンホーファーIPA所長トーマス・バウエルンハンス教授、Arena 2036 CEOピーター・フレーシュル氏、シェフラーの先端生産技術部門責任者トーマス・クレーマー氏が協力関係を結んだことを確認しました。(参加者は全員、事前にCovid-19の検査で陰性となりました)

2021年07月30日 | Yokohama

  • シェフラーが最先端の生産技術の開発を加速
  • 科学と産業界の40以上のパートナーとのネットワーク
  • デジタル化で半自動生産への道を開く

シェフラーは、科学や産業界のパートナーと先駆的な生産技術を共同開発することを目的に、ドイツ・シュトゥットガルトの研究キャンパス「ARENA 2036」に参加しました。この種のパートナーシップは、自動車および産業用サプライヤーの戦略的フレームワーク「ロードマップ2025」の中核をなすものです。シェフラーAGの最高執行責任者であるアンドレアス・シックは次のように述べています。「卓越した製造技術は、常に当社のビジネスの基盤となっており、優れた製造は、常に当社のビジネスの礎となっています。有望なイノベーションを、迅速に、大規模に、最高の品質で市場に投入することを可能にしています。」さらに、「今回、アイデアを出し合い、アジャイルな環境で仕事をし、仲間と緊密な対話をすることで、生産技術のイノベーションを共同開発し、自社の生産設備に迅速に導入することができるようになります。この新しいパートナーシップにより、当社は製造能力を拡大し、クリーンで持続可能な未来への道を準備することができます」と述べています。

ARENA 2036は、40以上の大学、研究機関、企業が参加する共同研究プラットフォームで、ドイツのシュトゥットガルト大学のキャンパス内に設置されており、パートナー企業は、オープンな共創スペースとして機能する柔軟な生産施設で共同作業を行っています。このプラットフォームでは、将来の生産技術の開発と試行を目的としたさまざまなプロジェクトが進行中です。研究対象は幅広く、適応性のある生産プロセスや、デジタルツイン、5G、人工知能、ビッグデータなど、生産をデジタル化するためのさまざまなアプローチを含んでいます。

イノベーションの迅速な商業化

ネットワークパートナーとの密接な対話を促進するため、シェフラーはARENA 2036の会場に少なくとも2人の社員を常駐させますが、正確な人数はプロジェクトの要求に応じて変化します。シェフラーの先端生産技術責任者であるトーマス・クレーマーは次のように述べています。「ARENA 2036は、他社、新興企業、研究機関と協力して、潜在的なイノベーションを迅速かつ効果的に評価し、実現するための機会です。」また、「生産施設で利用可能なリソースを活用し、現場で他のパートナーと緊密な知識のネットワークを築くことができます。現在、シェフラーが注力しているのは、スマートセーフティコンセプト、柔軟なハンドリングソリューション、インテリジェントマシンネットワークのパイロットプロジェクトを実施することです」と述べています。特にデジタル化は、プロセスの効率化を図るシェフラーの戦略の重要な部分を占めています。シェフラーは、デジタル化された持続可能な工場の将来性に触発され、生産工場と機械をデジタル統合し、従業員が機動的で効率的なチームワークに必要なデジタルコラボレーションおよびコミュニケーションツールを含む最先端のITシステムを利用できるようにすることを目標としています。シェフラーのデジタル化およびオペレーションIT部門の責任者であるロベルト・ヘンケルは次のように述べています。「ARENA 2036は、シェフラーが自社工場で進めているプロジェクトや取り組みを完全に補完するものです。そして生産のデジタル化は、工場の効率性と俊敏性を高め、当社の卓越した製造技術をまったく新しいレベルに引き上げるための複数の機会を提供します」と。 ARENA

2036とのパートナーシップは、シェフラーが研究機関やスタートアップ企業、その他の革新的な企業と提携している数多くの取り組みの1つです。例えば、今年3月、自動車・産業用サプライヤーであるシェフラーは、それ自体がARENA 2036の一部である「STARTUP AUTOBAHN」のアンカーパートナーとなりました。シェフラーは2018年からPlug and Playパートナーエコシステムに参加しており、古くは2017年にシリコンバレーにオフィスを設立し、技術のスカウトやソーシングを促進しています。また、SHAREプログラムを通じて、世界中の主要な大学とハイレベルなコラボレーションを行っています。

発行者: Schaeffler Japan Ltd. Co.
国: 日本

関連メディア

シェフラーのプレス画像の使用について

シェフラーのプレス画像は編集目的でのみ使用することができます。特に明記されていない限り、すべての著作権と使用および利用の権利は、ヘルツォーゲンアウラッハ (ドイツ)のSchaeffler Technologies AG & Co. KG、またはその関連会社が所有します。シェフラーのプレス画像の複製・公開は、出典が以下のように記載されている場合にのみ許可されます。「画像:シェフラー」この場合、写真は無料で使用することができます。広告やその他の商業目的での使用、特に商業目的での第三者への公開は禁止されています。また、画像の編集はシェフラーの承認を得た場合にのみ行えます。

シェフラーのプレス画像が印刷されたメディア(または電子メディアで公開されている場合はデジタルコピー)で公開される場合は、見本のコピーをお送りください。シェフラーのプレス写真を映画で使用する場合は、映画のタイトルを明記の上、お知らせください。

シェフラーのプレス画像の使用および利用は、抵触法の規定なしにドイツの実体法に準拠します。管轄裁判所はドイツのニュルンベルクとします。

ポータルアドレス:
Schaeffler Technologies AG & Co. KG
Corporate Communication
Industriestraße 1-3
91074 Herzogenaurach
Germany

presse@schaeffler.com

ダウンロード

パッケージ(プレスリリース + メディア)

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意