検索語

シェフラー、サステナビリティレポートを発表

Pressrelease Stage Image
Responsibility for Tomorrow: Schaeffler publishes 2019 Sustainability Report

2020年03月17日 | Yokohama

  • サステナビリティ戦略の再編成
  • サステナビリティ目標を役員報酬に初めて盛り込む
  • サステナビリティ評価の大幅な向上

サステナビリティは何年も前から、シェフラーの価値および活動の基本です。シェフラーは、グローバルな技術企業として、モビリティおよびエネルギー分野で現在起きている大変革の具現化を積極的に支援しています。シェフラーAGのCEOであるクラウス・ローゼンフェルドは次のように述べています。「この1年で、企業のサステナビリティマネジメントに対する顧客、投資家、一般大衆の期待は、気候変動を中心に大きく変わり具現化しました。私たちは、自社のサステナビリティマネジメントプラクティスを適応、改良することで、これに対応しています」

サステナビリティ戦略の再編成

シェフラーは、サステナビリティマネジメントプラクティスの再編成の第一歩として、世界中のステークホルダーに対して、サステナビリティについての期待値を調査、分析しました。また、サステナビリティマネジメントに関する考えや目的を偏見なしに自己批判的に再考し、より持続可能な未来のために必要な変更と改編を行いました。これらの変更と改編には、全執行役員と関係する経営幹部で構成されるサステナビリティ委員会の設立が含まれます。

新しいサステナビリティ委員会が行った最も重要な決定のひとつは、会社のサステナビリティ目標の再編成でした。ローゼンフェルドは次のように述べています。「私たちはもっと多くのことをできますし、そうするつもりです。つまり、まだ目標には到達していないということです」この再編成の一環として、シェフラーは、2024年までに100%再生可能な電気に切り替え、毎年、100GWhのエネルギー効率の向上を実現するためにさまざまな措置を実施します。また、休業につながるような事故件数を、2024年まで年平均10%減らすことを目指します。

サステナビリティ目標の報酬への盛り込み

シェフラーのサステナビリティへの取り組みは、サステナビリティ目標を経営陣に支払われる報酬に盛り込む決定からも明白です。シェフラーAGの最高人事責任者(CHRO)で、サステナビリティの責任者であるコリンナ・シッテンヘルムは次のように述べています。「これは、弊社の企業文化にサステナビリティをより深く根付かせ、執行役員にサステナビリティをリーダーとしての職務の中核とすることを促す重要な一歩です」

サステナビリティ評価の向上に見られるように、実施された対策はすでに効果を上げ始めています。「弊社のCDP気候変動の評価は大きく向上し、2019年にはDからB-になりました。2021年までにA-の評価を獲得することが弊社の目標です」と、コリンナ・シッテンヘルムは述べています。

未来に優しい技術に注力

シェフラーは、これらの目標を達成するため、パートナーと緊密に連携して、気候に配慮したエネルギー生産、インテリジェントな修理ソリューション、新しいモビリティコンセプトなど、新たなソリューションの機会を活用しています。これに際して、シェフラーは、駆動装置、再生可能エネルギーを含む、未来の強化につながるすべての技術を進んで取り入れています。クラウス・ローゼンフェルドは次のように述べています。「弊社は2021年に世界中で電気モーターの量産を開始する予定です。また、燃料電池の潜在能力を活用するためにこれまで以上に取り組み、長寿命の風力発電装置を含め、幅広い技術でエネルギー移行の推進を積極的に支援します」

シェフラーグループのサステナビリティへの取り組みは、新しい資金調達へのアプローチにも表れています。たとえば、環境目標を支援する投資の資金調達の枠組みとして、グリーンファイナンスフレームワークを構築しました。

サステナビリティレポートはシェフラーのWebサイトからダウンロードできます

Schaeffler Sustainability Report

*本リリースは、2020年3月10日にドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハで発表されたプレスリリースの抄訳です。

発行者: Schaeffler Japan Co., Ltd.
国: 日本

関連メディア
ダウンロード

パッケージ(プレスリリース + メディア)

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意