検索語

軽量ロボットおよび協働ロボット向け革新的部品 最大負荷容量と最大剛性を実現:シェフラーのXZUアンギュラニードルローラー軸受およびRTWHギアボックス

Pressrelease Stage Image
シェフラーの新しいXZUアンギュラニードルローラー軸受は、軽量ロボットや協働ロボットで、多関節アームの軸受として、およびシェフラーの新しいRTWH精密ギアボックスのメイン軸受支持部として使用されます。

2020年03月02日 | Yokohama

  • シェフラーは成長見込みの高い新市場を開拓。
  • ロボットや協働ロボット(Cobot)の関節用に摩擦20%減、剛性30%増の新しいXZUアンギュラニードルローラー軸受
  • ロボット関節のコンパクトデザインに適した新しいRTWH精密ギアボックス

今日の高度なオートメーション施設や生産施設には、極めてダイナミックかつ精密に動く軽量ロボット(LWR)や協働ロボット(Cobot)が求められます。産業用オートメーション分野で培った長年の経験を活かして、シェフラーはLWRやCobotに向けて新しい2つの革新的な部品を開発しました。これにより、成長著しい市場セグメントで新たな機会を見出します。

新しいXZUアンギュラニードルローラー軸受は、LWRやCobotの関節用の軸受として使うことが出来ます。またシェフラーの新しいRTWH精密ギアボックスの出力側の軸受として使用されます。 このRTWHギアボックスとXZU軸受の組み合わせによりコンパクトデザインと非常に高い剛性を実現します。

多関節アームの軸受支持部に、XZUアンギュラニードルローラー軸受

複列アンギュラニードルローラー軸受は、ニードルローラー軸受の設計と製造におけるシェフラーの70年にわたる経験の集大成です。この軸受がお客様に提供できる一番のメリットはこれまで多関節アームの軸受支持部に使用されてきたクロスローラー軸受よりも転動体の耐荷重性を向上、 しかも取付スペースは変わらないという点です。そのため、ロボット関節構造のダウンサイジングの際に小型、軽量、高剛性な軸受としてご提供 できます。これによりLWRやCobotの開発において新たな機会と可能性が広がります。この軸受の技術はユーザーの新しいアプリケーションの成長を支え続けます。

耐荷重性の向上した転動体に加えて、XZUユニットの2つ転動面のニードルローラーのX配列はクロスローラー軸受と比べて30%以上も剛性を高める支持距離を可能にします(製品サイズによって異なります)。さらに、転動体をケージガイドで保持する事により転動体間の摩擦を低減します。 それによりXZUはクロスローラー軸受と比較して摩擦を20%低減します。

これらによりトルク変動の少ないロボットモーションを可能にし、なめらかな動作でロボットアームを最終位置に位置決めする事が出来ます。 このアンギュラニードルローラー軸受を使用したアプリケーションでは 高剛性なマニプレーターが実現可能となる為、高速動作時の振動よる位置決め時間を短縮することが出来ます。また、摩擦低減により高精度なトルクコントロールモーションが実現可能です。これらにより生産サイクルの効率を格段に上げることができます。

RTWH精密ギアボックス―シルクハット型減速機

シェフラーはロボットの関節用としてアンギュラニードル軸受を一体化したユニットタイプのシルクハット型減速ギア(減速機)も提供します。 波動歯車装置方式を採用し、高い減速比、高い伝達トルク、軽量構造を実現します。 シェフラーが開発したRTWH精密ギアボックスは、ノンバックラッシ、高い角度伝達精度、コンパクトさが特長です。また、耐久性にも優れており長い動作寿命をご提供します。

動作寿命が長いことは、高い信頼性と最小のダウンタイムが求められるロボットにとって非常に重要な要素です。シェフラーのRTWHギアボックスは50:1から160:1の減速比に対応します。(サイズによって異なります) 減速時にかかるトルクはギアボックスの堅牢な構造と内蔵された高剛性のXZUアンギュラニードルローラー軸受によって確実かつ正確に伝達されます。その結果、RTWHギアボックスを備えたロボットは極めて効率が良く、動作の終了位置までダイナミックで正確な動作が可能です。 つまり分類作業、部品のハンドリング、組立作業といったタスクを素早く効率的に完了することができます。

シェフラーが生み出したこの新しい精密ギアボックスが持つ、もう一つの注目すべき特長は、コンパクトでメンテナンス不要な設計です。すべて標準サイズでご利用いただけます。ドライブ・フランジは中空軸で、お客様それぞれの要件に合わせて工場で製造することができます。

*本リリースは、2020年2月17日にドイツ・シュヴァインフルト/ハノーバーで発表されたプレスリリースの抄訳です。

発行者: Schaeffler Japan Co., Ltd.
国: 日本

関連メディア
ダウンロード

パッケージ(プレスリリース + メディア)

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意