検索語

シェフラー、Eurobike 2018に出展(ホールA1、ブースA1-202) シェフラー、電動アシスト自転車および電動自転車の性能測定に関する新しい基準を設定

Pressrelease Stage Image
さらなる安全性、よりダイナミックなライディング、よりいっそうの快適性を実現する未来の自転車のためのシェフラーVelosolutionsの包括的な製品レンジをガラスの自転車で紹介します。

2018年07月23日 | Yokohama

未来の自転車のための革新的なソリューション、シェフラーVelosolutionsではセンサーを搭載した機械式のボトムブラケットユニットや、電気駆動装置、自動ギアシフトシステム「VELOMATIC」やロータリーベアリングソリューションなどの製品を取りそろえ、安全性、ダイナミクス、さらには快適性を向上させます。

シェフラーは、Eurobike 2018にて、ボトムブラケットユニット、省スペースを実現した高性能のローラークラッチ、最適なギアとギアシフトを保証する自動ギアシフトシステム「VELOMATIC」など、シェフラーVelosolutionsの注目製品を展示します。

中でもシェフラーの最新イノベーションである、電動アシスト自転車および電動自転車向けの「BBRTTSトルクセンサーボトムブラケット」は、すべてのクランク位置でトルクとケイデンス(クランク回転数)を常時測定し、最適なモーターアシストにより、優れた乗り心地を実現します。

オールラウンド:360°全体でパフォーマンスを測定「BBRTTSトルクセンサーボトムブラケット」

新しいハブモーター向け「BBRTTSトルクセンサーボトムブラケット」は、両サイドのトルクとケイデンスの測定、スクエアテーパークランク接続を、初めて標準的なBSAのサイズで実現しました。それにより自転車メーカーは、センサーボトムブラケットを、標準的な電動アシスト自転車のフレームと簡単に一体化させることが可能となります。生産後の再構成は必要なく、この一体型ユニットは標準的な電気インターフェースに対応しており、幅広い電動アシスト自転車、電動自転車の制御システムと組み合わせることが可能です。シェフラーは、数カ月後の「BBRTTSトルクセンサーボトムブラケット」の量産に向けて、パイロットカスタマーと協力しています。

豊富な実績:シェフラーのINAシェル形ワンウェイクラッチ

シェフラーのINAシェル形ワンウェイクラッチは、シフトエレメント、逆転防止クラッチ、オーバーランニングクラッチ、さらには包括的なシステムソリューションとして長年使用されている実績があります。コンパクトで高精度、高性能な部品で、大きな特長は、長動作寿命と高トルクの均一な一方向の伝達が可能なことです。

純粋な乗る楽しみ:自転車向け自動ギアシフトシステム「VELOMATIC」

上り坂、下り坂、平坦な道でも、従来型の自転車、ディレイラーやハブギヤを搭載した自転車、電動自転車でも、シェフラーの「VELOMATIC」は常にケイデンス、パワー、車輪速度、勾配から最適なギアと完璧なシフトポイントを計算します。これにより、優れた乗り心地と最大限の柔軟性を実現します。オープンスタンダードを採用しているため、あらゆるタイプの自転車や駆動システムに対応できます。

さらに、VELOMATIC対応アプリを使用して、シフトプログラムをカスタマイズすることも可能で、手動でギアを切り替える必要がなく、常に最適なギアで走行できます。アプリでは、走行中のGPS、移動、パフォーマンスデータも記録します。

*本リリースは、2018年7月4日にドイツ・シュヴァインフルトで発表されたプレスリリースの抄訳です。

発行者: Schaeffler Japan Co., Ltd.
国: 日本

関連メディア
ダウンロード

パッケージ(プレスリリース + メディア)

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意