検索語

シェフラー、チェコ共和国に新工場を開設

Pressrelease Stage Image
シェフラー、チェコのスヴィタヴィに新工場を開設:(写真左から)フランク・マイヤー(シェフラー、ベルトおよびチェーンドライブシステム事業部門責任者)、カレル・クチェラ(チェコインベスト長官)、Jaroslav Patka(シェフラー欧州地域担当COO)、Zbyněk Pokorný(チェコ共和国産業貿易省投資・工業地域部長)、オリファー・ユング(シェフラー最高執行責任者)、Martin Netolický(パルドゥビツェ州知事)、David Šimek(スヴィタヴィ市長)、Marián Macháček(Schaeffler Production CZスヴィタヴィ工場長)

2017年10月30日 | Yokohama

  • 約1億ユーロを投資、新たに900人の雇用を創出
  • 自動車メーカー向けにサーマルマネジメントモジュール(TMM)を製造
  • オープニングセレモニーには著名な賓客が出席

シェフラーグループは、今後3年以内に約1億ユーロを投資し、チェコ共和国にて新工場を開設することを発表しました。新たに900人の雇用を創出することで、東欧における持続的な成長を加速させます。

スヴィタヴィ新工場での製造

投資の大部分は新しい機械の調達に使われ、ランシュクロウンにある既存の製造工場と、特にスヴィタヴィの新工場を中心に設置されます。Marián Macháčekは次のように述べています。「総額1,850万ユーロがスヴィタヴィの新しい製造工場の建設に費やされました。新工場は主に、サーマルマネジメントモジュールの製造に特化します。私たちは今年、グローバル自動車メーカー3社に追加で230,000個もの部品を製造していきます」

サーマルマネジメントモジュールは、エンジンの温度を正確かつエネルギー効率の良い方法で制御し、エンジンとトランスミッションが迅速に最適の温度範囲に到達できるようにします。これは、燃料消費量を抑え、延いてはCO2排出量を低減する鍵となります。

資格のある従業員と専門家を募集

現在、スヴィタヴィ工場は早くも約280人もの従業員を擁しています。採用活動を進めた結果、スタッフの数は今後3年間で900人に増える予定です。従業員とは別に、資格を持った業界の専門家も求めています。David Šimekスヴィタヴィ市長は次のように述べています。「シェフラーのような強力なパートナーが、私たちの地域で、他の企業やサービス提供業者に対しても有効な雇用を新たに創出するだけでなく、地域の学校とも密接に協力して、卒業生に仕事の機会を提供してくれることを、私はとても喜ばしく思っています」

著名な賓客を招いたオープニングセレモニーを開催

新工場のオープニングセレモニーには、シェフラー最高執行責任者(COO)のオリファー・ユング、Schaeffler Production CZスヴィタヴィ工場長のMarián Macháček、チェコ共和国産業貿易省投資・工業地域部のZbyněk Pokorný部長、David Šimekスヴィタヴィ市長、チェコインベストのカレル・クチェラ長官、その他にも著名な方々が出席しました。オリファー・ユングは、次のように述べています。「シェフラーグループの東欧における工場ネットワークは現時点でも非常に強力ですが、スヴィタヴィの新工場建設により一層強固になります。スヴィタヴィで製造するサーマルマネジメントモジュールによって、シェフラーは内燃機関と未来のモビリティコンセプト双方に採用できる製品を製造し、シェフラーグループが掲げる「未来のモビリティ社会のために」戦略を後押ししていきます」。これに対し、Marián Macháčekは次のように付け加えます。「私たちは、オープニングセレモニーにこれほど多くの名高いゲストがご出席くださり、とてもうれしく思います。これは私たちにとって名誉なことであり、同時に将来の協力関係を築くための基礎を成します」

*本リリースは、2017年10月20日にチェコ・スヴィタヴィ/プラハで発表されたプレスリリースの抄訳です。

発行者: Schaeffler Japan Co., Ltd.
国: 日本

関連メディア
ダウンロード

パッケージ(プレスリリース + メディア)

ページを共有

シェフラーは、お客様のご利用を最適化するために、クッキーを利用しています。本ウェブサイトを引き続きご利用いただく場合、お客様はクッキーの利用に同意されたことになります。 さらに詳しく

同意