XSGレンジ

電子シフトギアボックス

LuKの ESGは PSG システムに元付いたHybrid システムです(電気シフト変速機)。概念は、スターターオルタネーターが入力シャフトのうちの1本に接続していると想定します。このスターターオルタネーターはいろいろ機能をします。通常運転するとき、スターターオルタネーターは発電機の代用として用いられます。これはスターターの変わりに、変速機を通してエンジンを始動します。この始動プロセスはより速くて従来のスターターより便利です。これは、たとえば、交通信号の間でエンジンを切ることが可能になることを意味します。

燃料消費を減らすための更なるオプションはブレーキエネルギーの再利用です。ブレーキをかけるとき、LuK ESGはエンジンを切ることができて、できるだけ多くのエネルギーをバッテリーを充電するために使います。車は停止状態のエンジンにあるスターターオルタネーター、適切な構成、電気式運転とよりスムーズな加速のサポータによって動けます。LuK ESGのもう一つのオプションは、エンジンと同じに、エアコンの操作をすることです。スターターオルタネータは同じシャフトを使うことでA/Cコンプレッサを動かすことができます。それによって、エンジンが切られた時にも車内の気持ちの良い環境を保証します。デザインと車種によっては手動変速機に比較して燃料消費が20%以上削減されたことによるとESGは将来の革新的なテクノロジーの完全な例です。