連続可変トランスミッション(CVT)の構成要素

可変トルクセンサー付きのCVTプーリセットプーリ

完全可変型トルクセンサーが付きの LuKの プーリ構成は CVTの性能とトルクを極大化します。トルクセンサーは油圧式押し付け圧力を制御するための流体装置です。力の流れ部分に直接に装着されてトルク変化に対する高度の力学的反作用を維持、そしてシステムの信頼性と堅固性を高い水準で維持します。

押し付け特性は円錐状プーリとチェーン接続の摩擦システムの必要条件を満たせる瞬間に適用されるトルクと変速比によって調整されます。このようなバリエータ技術は 420Nm バリエータトルク付きの量産品に適用されます。

強み/要点

  • トルクと変速比による連続可変型押し付け圧力特性
  • バリエータ,チェーン,ベアリング,ハウジング,油圧システムに低荷重を加える同時に高いシステム信頼性を提供
  • もっと高いトルク容量
  • 変速機全体の最適水準の作動效率