トランスミション用部品

LuK CVT - 連続可変トランスミッションの構成要素

連続可変トランスミッション(CVT)は、いくつかの異なる原理に基づいて設計されます。チェーン駆動トランスミションは車への使用に適当であることを見せてきました。過去には、チェーン方式は主に低いパフォーマンス範囲の車両に使われました。LuK CVT構成要素(プーリ、リンク-プレートチェーンと油圧)は、最高400Nmのトルク範囲の強力なエンジンに使われる最初の高性能CVTを代表します。エンジンとドライブ車輪の間の伝達比率は、くさび形のプーリの幅の変化によって連続的に変わります。無限のドライブ比はエンジンがいつも最適な状況下で働けるようにします。

顧客様に最も重要な利益:

  • スムーズな変速による優れた運転便宜(すなわち異なるギア同士の変更がない)
  • 高いギア比による低い燃料消費。
  • 邪魔がない引っ張る力による優れた推進力。
  • コンパクトなデザイン