オートマチックトランスミション用システム

油圧トルクコンバータ

トルクコンバータは長年に渡りATとCVTギアボックスに重要度の高いものとして使用されてきました。コンバーターはエンジンとギアボックスの間に配置され、トルクを変速機の入力シャフトに伝達します。トルク伝達は始動時には流体力学的に発生し、走行時には摩擦クラッチにより燃料消費を減少する働きをします。また、始動時においてトルクコンバータはギアの入力シャフトへのトルクを最大で3倍まで増加します。LuKの高性能トルクコンバータはドイツと米国で開発、製造されています。LuKは要求される性能データと利用可能な搭載スペースに基づいてコンバータ特性を最適化し、その結果として車両への最適な製品を提供します。