トランスミション用部品

オートマチックトランスミション用システム

LuKはオートマチックトランスミッション(自動変速機)を使用した車両メーカー様のエンジニアリングパートナーとして注目される地位を早期に獲得しました。LuKは1983年よりAT用のダンパーを製造しています。1983年にLuKは米国オハイオ州ウースターの子会社工場で独自のトルクコンバーターを開発、製造し、その地位を強化しました。欧州とアジアにおいても乗用車のAT市場の成長が期待されることから、LuKはカスタマーへの焦点を強化し、ドイツのビュールにある工場でコンバータの生産を開始しました。高性能コンバータとロックアップクラッチと同様に、ロックアップクラッチ用ダンパーとブレーキバンドもLuKの製品群に属します。