クラッチ圧力板

SAC 1

クラッチは車の中で使用中に磨耗されしやすいので、初の製造社としてLUKはクラッチの磨耗補正システムの開発に心血を注ぎました。そして、1995年に生産開始をしました。自己補正クラッチSACはランプリングを回すことで磨耗補正をする負荷センサー(センサー ダイアプラムスプリング)を使用します。この補正メカニズムは、運行負荷を減少させることを可能にしました。クラッチ磨耗の補正は製品受命期間内でどんな運行負荷の変化もさせなくクラッチ受命を約1.5倍延べました。SACの磨耗補正システムの-センサーダイアフラムスプリング(負荷センサー)とディープ-ドローンスチル補正リングを含む-特徴は高い機能的な精密さにあります。快適なクラッチの作動に加え、調和する運行負荷カーブが要求されるので、SACの機能は車の独特なカーブに一致するように作られました。補正スプリングはこれを可能にさせるひとつのメカニズムとしてよく要求されるゆるやかな特徴のカーブを生み出せます。

新しく開発されたSACⅡはもっと最適されたシステムを提供します。SACⅡではセカンド ダイアフラムスプリングに負荷センサーを使いません。変わりに減少特徴カーブ(decreasing characteristic curve)を持っている特殊接線リーフスプリングとメインダイアフラムスプリングで構成されています。