ダイアフラムクラッチ

ダイアフラムクラッチ詳細

 
 

クラッチの機能

車の構成のさらなる進化によって今日使われるクラッチ部品は車の走行感に大きな影響を与える多数の要求事項を満たさなければなりません。このような要求事項には滑らかな始動,迅速なギアー変換,振動減衰,騷音最小化が含まれます。設計者たちはこのような要求事項を満たすために努力して来ました。現代式クラッチは速度抵抗,高い変速信頼性,低い全体高さ,低い接続力,長い寿命のような特徴を持っています。クラッチの主要部品はクラッチ圧力板,ディスクフライホイール,そして摩擦ディスクです。

ハウジング内でフライホイールにボルトで固定されている摩擦ディスクはフライホイールとともに摩擦システムを構成します。圧力板はエンジンのトルクが摩擦ディスクを経由して変速機インプットシャフトまで伝達されるようにします。1970年代はダイヤフラムスプリングクラッチが乗用車用ボルトスプリングクラッチを持続的に取り替えました。現在スロット型ダイアフラムスプリングはエンジントルクを伝達するための締結力を提供します。ダイヤフラムスプリングは運転手が易しく感じることができます。もっと低いクラッチ操作力による低い踏み力でペダルを踏めるので運転者はすぐダイアフラムスプリングの存在を分かります。クラッチ構造とアクチュエーションタイプによって引くタイプと押すタイプのダイヤフラムスプリングクラッチがあります。

LuKの既存ダイヤフラムスプリングクラッチは押すタイプのクラッチです。この場合には多角形ハーブがクランクシャフトの V-ベルトプーリーにボルト締めされています。力の流れはクラッチハウジングを経由してクラッチハウジングにボルト締めされたフライホイールで伝達します。接触板はプレートスプリングによってクラッチハウジングに装着されています。接触板のカムはハウジングの開口部を通じて突き出されています。外部ダイヤフラムスプリングはこのようなカムたちに支持されています。そしてボルトとワイヤリングによってハウジングに装着されます。リリズベアリングは多角形ハーブの円筒形状の上に整列されているし動くことができます。トルクは摩擦ディスクを経由して変速機入力シャフトまで伝達します。これはホロシャフトでクラッチとエンジンの間のクランクシャフトスタンプの上に位置します。