クラッチディスク

クラッチディスク

 
 
 
 

クラッチディスクはクラッチの中心になる締結部品です。クラッチ圧力板との組み合わせによってクラッチディスクはエンジンとパワートレーンを分離またはリンクさせます。すべての LuK クラッチディスクの特徴はライニング復元システムにあります。これは特定条件に最適化されていて、車両の駆動詩のスムースなトルクの伝達と人体に合わせたペダルの踏みこみ曲線を可能にします。燃焼過程による速度変動とトルク変動を減らすためにはクラッチディスクもギアーボックス内の騷音と摩耗を減らす、減衰機能を提供しなければなりません。

トーションダンパ付きクラッチディスクはパワートレーンのねじり変動問題を解決するのに最良の経済的、そして空間節約型ソリューションです。Lukが開発した中心合わせ装置はエンジンとギアーボックスの間の潜在的アクスル変位を校正するし、正確な減衰機能を提供します。これはアイドル時でも働きます。

トーションダンパ非装着型クラッチディスクは現在 LuKが提供する一番效果的なトーションダンパシステムであるデュアルマスフライホイールとともに使われます。エンジンとギアボックスの公差は、特にパイロットベアリングがない変速機の場合、クランクシャフトとギアボックス間の変位を発生します。デュアルマスフライホイール用 リジドクラッチディスクと締結して使うと、このような変位は深刻な場合アイドル詩騷音と形状の磨耗の原因になります。このような問題の解決策は変位補正クラッチディスクです。この製品はアイドルまたは負荷の範囲が低い時ハーブの半径方向位置の調節により半径方向の応力を防止してくれます。その結果として、変位が発生してもデュアルマスフライホイールの正常機能が保障されます。デュアルマスフライホイールとトーションダンパ付きクラッチディスクの組み合わせは、特に騷音がひどい場合、最良のソリューションになります。