KBC 製品

ラジアルベアリング

深溝玉軸受
 

製品構成
• 6000 ∼ 6018 (内径 Φ10 ∼ Φ 90)
• 6200 ∼ 6217 (内径 Φ10 ∼ Φ 85)
• 6300 ∼ 6316 (内径 Φ10 ∼ Φ 80)

 

特徴
単列深溝玉軸受は転がり軸受の中で最も代表的な型式であり、その使用用途は広い範囲に渡っており、内輪と外輪軌道の溝は転動体(ボール)の半径より少し大きい曲率半径を持つ。この深溝玉軸受はラジアル荷重及びアキシアル荷重、そして合成荷重等、あらゆる方向の荷重も受けることが出来るし、摩擦トルクが少ないことから高速回転、低騒音及び低振動が要求される用途に最も適合している。

使用部
エアコン、洗濯機、ポンプ、エレベータ、トラクタ、コンバイン、田植機等

 
小型玉軸受
 

製品構成
• 608, 629, 638

 

特徴
内径が 10mm未満の深溝玉軸受であり、主にOA機器及び小型回転機器などに使用。

使用部
モーター、自動車等

 
単列アンギュラコンタクトベアリング
 

製品構成
• 単列 : SA0300 ~ SA0370 (外径 Φ400m)
• 複列 : SDA 0102, SDA 0107

 

特徴
多、高荷重、低回転(60rpm以下)、オイル潤滑に適し、高速の条件では使用が不可能である。主に掘削機走行モーターの減速機用として開発されており、ラジアル荷重、アキシアル荷重、モーメント荷重を受けることが出来る。主に左右に装着して両側の軸方向荷重を支える。分離型保持器を使用することにより加工及び組立が容易であり、騒音が少ない。

使用部
ポンプ、工作機械、繊維機械等

 
複列アンギュラコンタクトベアリング
 

製品構成
• 51103 ∼ 51110 (内径 Φ15 ∼ 50)
• 6200 ∼ 6217 (内径 Φ10 ∼ Φ 85)
• 6300 ∼ 6316 (内径 Φ10 ∼ Φ 80)

 

特徴
自動車の変速機ギア軸に装着し、ボールベアリングの形態であり内輪分離型である。主に自動車の駆動システムに用いられ、前輪駆動のトランスアクスルに又は後輪駆動のトランスミッションに使用。尚、変速機に適用されることからギアから発生する荷重を支持し、変速機内の耐異物性に優れている。

使用部
自動車用駆動システム

 
円すいころ軸受
 

製品構成
• METRIC 系列 内径 Φ15∼Φ95 まで生産
• INCH 系列 内径 Φ15∼Φ95 まで生産

 

特徴
円すい形態のころが転動体として内蔵されており、内輪の大つばによってガイドされる。ラジアル荷重と片方向のアキシアル荷重を同時に受けることができ、その負荷能力は他ベアリングより高い。分離型であることから内輪と外輪の別途設置が可能であり、接触角の大きさにより普通傾斜角用、中間傾斜角用及び急傾斜角用のベアリングがある。またころの列数によって複列若しくは4列の円すいころ軸受に分けられる。一般的に鋼板プレス保持器が使用されており、低騒音等の特性が要求される部位には樹脂系の保持器が使用される場合もある。

使用部
自動車、二輪車、農業機械等

 
複列円すいころ軸受
 

特徴
• 容量向上及び動力の伝達能力向上
• 操作性の改善及び室内静寂性向上
• 耐異物性向上

 

特徴
• 変速性及び動力損失防止の為の低トルク仕様設計
• 軸のミスアライメントを抑える最積設計
• エンジンの高出力化に備えた高負荷容量

使用部
自動車、鉄道等