環境

環境と安全への取り組み

 
 
 
 

シェフラーグループの環境と安全への取り組み

環境保護と職場の安全確保は、私達の経営原則の根幹です。社員の健康と安全な労働環境作りを促進し健全な就労環境を確立・維持して行くと共に、積極的に環境保護に取り組んでいくことが、企業の存在と成功を継続的に保証する方法だと考えています。

以下に示す原則は、世界中にあるシェフラーグループの拠点に適用しています。また、社員・社会・次世代に向けての責任を提示してもいます。

効果的な職場の安全と環境管理

シェフラーグループでは、職場の安全確保と環境管理については世界標準に準拠しています。絶えず更新される規程を採用する努力を怠りません。契約を結んでいるパートナー企業とも連携し、前向きな姿勢で取り組んでいます。こうした対策がきちんと実施できているかを判断するため、全ての領域に渡って定期的にチェックを行い、管理システムが正しく機能しているかどうかを監視しています。

安全で社員に優しい職場

シェフラーグループは、職務上の事故や病気を完全になくすことができると考えています。社員と管理者は高い意識を持ち、職場での事故ゼロという目標を達成するのに大変協力的です。作業センターを設計したり作業手順を考案する際は、人間工学設計に基づき最新のトレンドや発展状況、その地域特有の特徴を考慮しています。

 

信頼できる行動

シェフラーグループでは、職場の安全確保と環境保護に関する全ての法律や規程を遵守しています。シェフラーグループの社内規定は、多くの場合、むしろ現行法よりも厳しく、その実施に責任を持って取り組んでいます。機械や設備を構成・購入・操作・保守する際に、潜在的な危険・リスク・操作上の障害を最小限に留めるための対策を採っています。そのために、常に最新技術を導入することを基本としています。

環境への影響を最小限にとどめ、環境に優しい製品づくりを目指す

シェフラーグループではすでに様々な取り組みを実施していますが、さらに環境への影響を最小限にとどめるための一歩進んだ対策を採用しています。原材料とエネルギーの消費を倹約し、廃棄物・排水・騒音・その他の放出物をできるだけ出さないために、あらゆる努力をしています。シェフラーグループの環境に優しい製品は、全体の製品寿命を考慮して製造しています。

社員の責任

シェフラーグループの社員とビジネスパートナーに対し、職場の安全と環境への配慮を実践するための知識を身につけてもらうために、定期的に全社情報を発信するとともに必要なトレーニングを行っています。

定期的な対策

業務に関して社員が健康上のリスクを抱えていないかどうか、また環境への影響を抑えられているかどうかを確認するために総合的な対策を行っています。構内で人身事故が起こった場合に備え、社員および訪問者に対して適切な処置が取られるよう定期的にトレーニングを行い、全ての事業所で総合的で効果的な緊急対策が取られるようにしています。

開放的な社風

関わりのあるすべての人に対し信頼の得られる対話を試みています。職場の安全確保と環境保護対策に関する情報とともに、事業所で起こりうる環境への影響に関する情報を提供しています。

経営陣と全ての社員は、こうした会社の方針に従うよう義務付けられています。