連絡先
メカトロニクス

統合型発電機付き車輪軸受

高まる鉄道輸送の需要に合わせて、INAとFAGでは輪軸用軸受統合型発電機を開発しました。運転中に電気をためることができるため、静止中の貨物列車に電力を供給することも可能です。

シェフラーグループ産業用機械部門による輪軸用軸受統合型発電機は、鉄道車両が電気の供給を受けていないときでも電気を使うことができます。

例えば、継続的に電気が供給されていれば、電子データ送信システムを使って、輪軸用軸受の診断や危険資材の監視データを、より短い間隔で送信するといったことが可能です。

このような用途は現在2種類あります:

継続的に5ワットの出力ができるような低出力設計の発電機を使い、輪軸用軸受診断センサーやGPSを使った電子データ送信システム向けの電源供給を行います。

継続的に100ワットの出力ができるような高出力設計の発電機を使い、電気空気ブレーキシステムに電力を供給し、視聴覚的な警告システムや車輪すべり保護システムを構築することができます。

カスタマイズソリューション(例.6Vから24V)もオプションで可能です。

 

このような用途は現在2種類あります:
継続的に5ワットの出力ができるような低出力設計の発電機を使い、車輪ベアリング診断センサーやGPSを使った電子データ送信システム向けの電源供給を行います。

継続的に100ワットの出力ができるような高出力設計の発電機を使い、電気空気ブレーキシステムに電力を供給し、視聴覚的な警告システムや車輪すべり保護システムを構築することができます。
カスタマイズソリューション(例.6Vから24V)もオプションで可能です。