連絡先
貨車

TAROLユニットローリングハイウェイ

 
 
 

8軸Saadkmsタイプ「ピギーバック」平床車両は、重量車両の欧州アルプス越え輸送用に、フパーク(スイス)やOBB(オーストリア)など様々な鉄道会社で採用されています。路上を走ってきたトラックは、そのまま特殊ターミナルの乗り入れ口からピギーバック型車両に乗り込み、鉄道で目的地まで輸送されます。トラックの運転手は寝台車で仮眠することができ、目的地の駅に着いたら再びトラックを運転して、安全に商品を顧客へ配送することができます。

道路と鉄道を組み合わせたこの形態は、「ローリングハイウェイ」として急激に重要性が高まっています。その理由は、単に交通量の急激な増大だけにとどまらず、環境意識の高まりからも必要性が問われています。2002年の統計によれば、ローリングハイウェイによる輸送は、国際輸送の約29%を占めています(出典:2003年UIRR[道路鉄道輸送会社国際連盟])。

経済性に優れている他、インフラコストも削減できます。また、お客様の利用に対しても以下の利点があります:

• 低い労働コスト

• 道路通行料金の削減

• 日曜日や祝日の走行規制がない

• 輸送中の商品の損傷率が少ない

シェフラーグループは、平床車両向け輪軸用軸受とハウジングアダプタを供給しています。