連絡先
地下鉄/郊外鉄道ネットワーク

ニュルンベルグ地下鉄

 
 
 
 

FAG輪軸用軸受:完全自動型ニュルンベルグ地下鉄

シーメンスによる新型の次世代無人列車がニュルンベルグ地下鉄の新路線U3で運転されてます。従来型と異なり、DT3は、運転車両と中央ダブルデッキ車両が展望車になっています。

無人運転を実現するために投資した金額は、電力消費量、数々の安全対策による安全性の向上、柔軟で必要に応じた使い方などの利点で相殺されています。

従来型では、運転間隔は200秒を切ることは無理でしたが、完全自動運転により100秒間隔でも運転可能となり、ピーク時でも待ち時間が数分で済みます。路線と車両との間で継続的にデータをやり取りすることで、運転の安全性を確保しています。客車と駅構内はカメラによる監視システムが配備されており、障害発生時にはコントロールセンターから迅速な指示が送られます。

FAGは、DT3シャシー向け輪軸用軸受(ローラーベアリングとハウジング)を供給しています。