連絡先
路面電車

Combino®超低床電車

写真:シーメンス社
 
 
 

FAGの主電動機用軸受サポートとINAの球面すべり軸受:Combino®超低床電車

超低床式電車Combino®は、下部に取り付けた両側の駆動アセンブリで走行します。車輪の縦方向のカップリングを改善することで、従来の低床シャシーと比較べて重心が低く、ばね下質量を最低限に抑え、駆動力を向上させています。

車輪のペアを機械的に切り離すと、カーブを曲がる際の磨耗による余分な縦すべりを減らすことができます。10トンの車軸荷重がかかる設計のSF30-TFは、最新のIGBTモーターインバーター、低摩耗3相非同期電動機、32ビット駆動制御装置によって駆動されます。低車両重量(平方メートルあたり1,100kg)とブレーキエネルギーの回生により、電力消費が大きく改善されています。

機関車と通常車両は中央で連結されてます。下部連結部(アンギュラコンタクト球面すべり軸受)が、車両本体と客車部分(低床部分を持たない)のすべての動荷重と静荷重を支えます。上部連結部(ラジアル球面すべり軸受)は、車両本体が側面へ倒れないように支えます。

FAGは、シーメンスが開発した低床電車「Combino®」の主電動機用電流絶縁軸受を提供しています。INAは、車両連結部の軸受を提供しています。