連絡先
機関車と編成車両

チェルマットラック鉄道

写真:シュタドラーブッスナンク社
 
 

FAG駆動系用軸受:ツェルマット ラック式鉄道

かつてBVZ(ブリーク・フィスプ・ツェルマット鉄道)として知られ、現在合弁により「マッターホルン・ゴッタルド鉄道」となったMGBは、2000年に一般的なレールとラックレールで運行できる機関車をシュタドラーブッスナンク社に発注しました。

この鉄道は、建築工事やトロリー電車の保守、除雪や停電時などの非常用に使用されています。この機関車は、海抜3,000mの高さにあるゴルナーグラートバーンへの傾斜率200%の登頂ルートで使用されています。