連絡先
機関車と編成車両

フランスAGC(大量輸送鉄道)

 
 
 
 

AGC向け輪軸用と駆動用軸受

2007年までにSNCF(フランス国有鉄道) AGC向け新型特急車両がボンバルディアにて500台生産されました。フランス国有鉄道が導入を決めたAGC(大量輸送鉄道)は、幅広いオプションが用意されているため、フランスという地域の特色に適合しています。

AGCは、ディーゼルまたは電気、あるいはディーゼルと電気を組み合わせたデュアルモードでの走行が可能です。また、2種類から4種類の車両を組み合わせることができるなど、幅広い用途に対応することが可能です。

こうした様々な組み合わせが可能にも関わらず、多くの同一コンポーネントを採用したモジュール構造により、保守は驚くほど簡単に行うことができます。鉄道運行会社にとっては、列車の運行時間を柔軟性を持たせてダウンタイムすることができ、利用客にとっては利用範囲が拡大し、快適な鉄道の旅を楽しむことができるわけです。

FAGでは、すべての駆動用軸受をAGCに提供しています。