連絡先
針状ころ型ローラフォロア、カムフォロア

ヘルツ圧力を低減

INAの理想外径形状

新設計による外輪はINA理想外径形状を持っており、外輪と相手のトラックの接触面に発生するヘルツ応力(面圧)を従来製品と比較し、大幅に減少させております。来製品と較べて外輪とはめ合いトラック間のヘルツ圧力が削減されています。

 
磨耗

ヘルツ圧力の低減により、相手トラックへの荷重が減少しています。(GGG-50材、相手トラックのデータ参照)
実験データでは、ヘルツ応力(面圧)の減少が相手トラックの磨耗減少に大きく貢献していることがわかります。

  • 低荷重(1)
  • 低荷重(2)

  • INA 理想外径形状外輪(A)
  • R=500mm 外輪(B)

y:360,000回転後の磨耗[g]  
 

x:ラジアル荷重[kN]
y:平均走行時間[%]
寿命時間の改善

荷重にも因りますが、新設計の外輪外径形状は、相手トラックの疲労寿命にポジティブな影響を与えます。左グラフは、相手トラック材料が42CrMo4Vの場合のデータです。
これは、相手トラックの疲労寿命を大幅に延長し、さらにコスト削減も期待できる材料の選択も可能です。

  • プラスチックアキシャルプレーン付き
    ワッシャー(A)
  • アキシャルプレーンワッシャーなし(B)

   
 

利点:

INA理想外径形状は、外輪接触面のヘルツ応力(面圧)を減少しますが、これには以下の利点があります:

  • 磨耗減少
  • 剛性増加
  • 長寿命