アプリケーション

リフローはんだ付け

INAの信頼性サポート

回路基板上にはんだペーストを塗布した後、チップマウンターにより部品を実装し、最終ステップでリフロー炉の中で加熱します。

最新式のリフロー炉では、大量かつ経済的に製品が生産されいます。リフローはんだ付け工程では、回路基板の搬送チェーンの継続性と機能性に高い信頼性が要求されます。これを実現する上で、INAのニードルローラーを基本とするカムフォロアは、24時間体制で活躍しています。幅広い温度範囲に対応しながら、均一な搬送速度を保証します。

問題となるのは高温だけではありません。リフロー炉の真空ゾーンでは、軸受への潤滑ができないため、コンポーネントには優れた無潤滑特性が求められます。耐食性バルブ付きシェル形針状ころ軸受は、銀メッキが施されていてグリースによる給油も不要であるため、お客さまの要求を満たすINAの有用なソリューションです。