連絡先
アプリケーション

船舶用減速ギヤ

運転データ

  • 入力:P = 5 475 kW
  • 入力速度:750 /min
  • 出力速度:209 /min
  • 運転温度:約 50℃

要求事項

  • 高稼動信頼性
  • 外側駆動系に対して優れたシール
 
 
 
ベアリング選定

カップリングシャフト

カップリングシャフト(右上)は、ドライブ側で自動調心ころ軸受23248B.MB(1つ,位置決め軸受)によって、反対側で円筒ころ軸受NU1056M(2つ,自由側軸受)によって支えられます。このシャフトは、トルクの伝達のみ行います。わずかな自重と、動力取り出しシステムからの軽微なギヤ力を支えます。軸受寸法は設計により決まりますが、荷重を支えるのに必要以上に大型な軸受が使われます。結果的に、寿命計算は必要ありません。

インプットシャフト

インプットシャフトでは、ギヤから受けるラジアル荷重を、2つの自動調心ころ軸受23248B.MB (3, 4)で支えます。運転中の実際の回転によるスラスト荷重は、別途、スラスト自動調心ころ軸受29434E (5)で支えます。左側の軸受23248B.MB (4)も、反対側の軽微なアキシャル荷重を受けます。スラスト自動調心ころ軸受とのクリアランスがわずかになるよう調整し、スプリングで予圧をかけます。予圧をかけることにより、荷重が変化した時にころがレースウェイから脱落したり滑ったりしないようにします。スラスト自動調心ころ軸受のハウジングワッシャーは、ラジアル荷重を受けないように、ハウジング内ではラジアル方向に支持されません。

アウトプットシャフト

アウトプットシャフトでは、ラジアル方向とアキシャル方向は別々に支えられます。ラジアル荷重は、2つの自動調心ころ軸受23068MB (6)によって支えられます。出力側の固定側軸受の位置では、球面ローラースラスト軸受29464E (7) を使って、運転中のプロペラスラストとアキシャル方向の歯荷重との差分を受けます。後進運転中の軽微なアキシャル荷重は、小型のスラスト自動調心ころ軸受29364E (8)によって引き取られます。2つのスラスト軸受を互いに調整して、アキシャル方向のクリアランスがわずかになるようにします。スプリングで予圧し、ハウジング内ではラジアル方向に支持されません。