連絡先
アプリケーション

産業用ギヤ

写真:Fa.ゲトリーベバウノルト社
 
 
 

運転データ

  • 入力:3.7 kW
  • 入力速度:1500 /min
  • 全ギヤ比:50:1

要求事項

  • 高効率
  • シンプルな設計
  • 最低限のメンテナンス
  • 可能な限り同一軸受を使用
  • 全軸受寿命の同期化
軸受選定

ウォームシャフト

ウォームシャフトベアリングは、最初はアキシャル荷重を受け、ウォームの回転方向に合わせて荷重方向が変わります。軸受にかかるラジアル荷重は比較的軽微です。下向き位置決め軸受配列を選択します。固定側軸受は、2つのユニバーサルアンギュラコンタクトベアリングFAG 7310B.TVP.UAから成ります。接尾辞UAは、O型またはX型のタンデム配列で取り付けられることができることを意味します。軸受をO型またはX型配列にした場合で、シャフトをJ5ハウジングをJ6に加工した場合、軸受のクリアランスは小さくなります。2つのアンギュラ玉軸受は、X配列で取り付けます。ウォームシャフトの回転方向により、一方の軸受がアキシャル荷重を受けます。円筒ころ軸受FAG NU309E.TVP2は、自由側軸受として取り付けます。

ウォームギヤシャフト

ウォームギヤシャフトの軸受は、主にラジアル荷重を受け、アキシャル荷重は比較的軽微です。したがって、深溝玉軸受FAG 6218は固定側に置き、円筒ころ軸受FAG NU218E.TVP2は自由側に置きます。

潤滑・シール

ウォームギヤと軸受はオイルで潤滑します。オイルレベルは、ウォーム歯のピッチ円周の最下点と合わせます。シャフト開口部のシールリングにより、オイル漏れを防ぎ、汚れから保護します。