連絡先
製銑・製鋼機械

転炉

転炉用軸受

銑鉄(せんてつ)は、転炉で鋼に転換されます。転炉では溶銑中の炭素が調整され、不純物も取り除かれます。さらに、所定の成分の鋼を生成するために様々な成分が添加されます。

転炉は特殊な軸受やハウジングによって支えられています。

転炉用の軸受は、高荷重を受け、わずかな回転による旋回も支えます。過酷な環境下においても、効果的なシールと適切な潤滑システムによって汚れから保護されます。

転炉用の軸受は、高い静・動荷重を受けるよう設計されているとともに、10年以上の稼動寿命が要求されます。

外径620~1,720mmの大型軸受と、それを収めるハウジングが使用されます。

 
 

ブルギヤ

転炉は、ピニオンとブルギヤを使って各工程位置まで旋回します:

  • 注入(破片、銑鉄)
  • 吹き付け位置へ
  • サンプリング
  • タッピング

軸受は、転炉機械での過酷な稼動状況に耐えられるように設計されています。効果的なシールにより、ころがり軸受は大量の汚れから保護されています。

転炉のギヤ用軸受は、高い静・動荷重を受けるよう設計されているとともに、10年以上の稼動寿命が求められます。

外径600mm以上の大型軸受が主に使用されます。