連絡先
アプリケーション

歯科治療台

自動調心ボールベアリング付きシャフトガイドシステムにより、調整不良が簡単に補正可能
 
 
 

シャフトガイドを使った歯科治療台

治療用の椅子をスティックスリップなしに、正確な位置に移動させるには、スムーズな動作と堅牢性を兼ね備えた、垂直軸のシャフトガイドシステムが必要です。このシャフトガイドシステムには、リニアボールベアリング、ハウジング、シャフト、アクセサリが搭載されています。ベアリングは、プラスチック製ケージで軽量化したタイプと、オプションで耐腐食コーティングしたソリッド形スリーブ設計があります。どちらも省スペースでほとんどメンテナンスが必要ありません。

製品設計上の堅牢性を実現するために、リニアボールベアリングが高剛性であることは、非常に重要な条件です。その他の特徴として、消毒や殺菌処理に対しても優れた耐性があります。