連絡先
サービス

損傷解析

 
 
 

機械の全ての構成要素は、磨耗や疲労等に運転中に変化していきます。転送跡は通常、寿命に対して大きな影響を与えません。この転送跡より、軸受の使用状態が軸受に対して問題ないか判断が可能です。しかし、この転送跡だけでは、全ての損傷について判断することは難しく、損傷解析においては、下記のようなグループに分けて判断します。

  • 疲労
  • 磨耗
  • 腐食
  • 過荷重

損傷軸受の詳細解析には、シェフラーグループにおける研究開発施設が使用されます。