連絡先
クレーン

ピラーベアリング

左図に示すクレーン柱は、大型船に取り付けられます。クレーンアセンブリと一緒に旋回するフレーム構造は、この柱によって支えられます。この軸受の配列がクレーン本体および積載重量を吸収します。積載重量とフレームの重心は柱軸から相殺されるため、傾斜モーメントが発生し、結果的に水平方向の反力が柱の軸受の上部と下部にかかります。

柱上部の軸受の配列は、通常、単列のスラスト自動調心ころ軸受か、自動調心ころ軸受とスラスト自動調心ころ軸受の組み合わせです。

軸受の配列はラジアル荷重の大きさにより選択されます。柱下部端ではガイドローラーがガントリーを支えます。